ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

今年初のBBQ


庭を持つ友人Kを無理矢理説き伏せて
今年初のBBQ!!!
c0088696_04170994.jpg

塩麹にマリネした鶏もも肉と
パドロンペッパー。
タパスでよくでてくるスペインのししとう。
焼いた後オリーブオイルと塩で和えます。
ちょうどスペインから帰ってきて
また食べたかったのです。
Sainsbury'sで1パック1ポンドでした。

c0088696_04121073.jpg

アサヒビールと至福のとき。
ま、あんまり暑い日じゃなかったけど
とりあえず満足。
ありがとう!

うちはフラット(アパートのこと)なので
ベランダしかないから
毎年誰かの家の庭か
唯一BBQしていいLondon Fieldまで出向いて
堪能させてもらうのです。
[PR]
# by mango55mango | 2017-08-04 04:07 | Trackback | Comments(0)

親が痴呆になったらどうしよう?

この不安はいつも私の中にある。

私は一人っ子です。
両親は日本にいます。

親が病気になったとき
遠いロンドンからどれだけのことかできるだろう
というのはいつも考えている。


BBCのドキュメンタリー(BBC iplayer)

病院にもたまにいる
病識のない
攻撃的な
痴呆患者を孫の視点から
2年にわたって追ったドキュメンタリー。

答えはない。
ないけど、わたしはなんかこれを見て
ホッとしたんだなー。
なんでかな?

[PR]
# by mango55mango | 2017-07-14 01:56 | Trackback | Comments(1)

お義父さんの死 ~アイルランドのお葬式~

先日、義父が亡くなりました。
享年77歳。
c0088696_21250909.jpg
2年ほど肺癌と戦っていたのですが
1月に脳への転移が見つかり
放射線療法を始めた直後に状態が悪化。
10日ほどで帰らぬ人に。
本当に急な展開でした。

しかも、1月の転移の告知の直後に
義母が心筋梗塞に倒れ
幸い軽度だったので1週間ほどの入院で済みましたが
この3ヶ月間はアイルランドを行ったり来たり。

理解あるマネージャーのおかげで
勤務を調整してもらい
1週間単位でアイルランドに通っていました。

羊と牛の農場をやっていた義父。
脳転移で倒れる直前まで農場で働いていました。
そして、2ヵ月半と言う短い闘病生活。
義母と子供たちに囲まれて
お義母さんが耳元でお祈りを唱えているうちになくなったそうです。
77歳、あと、2~3年は元気でいて欲しかったけれど
幸せな最後だったと思います。

お葬式当日も、3月とは思えない暖かい陽気で
澄み渡った青空のもと
沢山の人が教会に来てくれていました。
兄弟たちは、あまりに良いお天気なので
お義父さんが神様と取引したんじゃない?
なんて笑いあっていたな。

棺は当日まで家に安置されていたのですが
お葬式当日の最後のドライブとなる教会への道
ご近所さんたちが自分の家の前に並んで見送ってくれました。
お葬式の時間は地元の新聞に告知されていたとはいえ
皆さん外に出てずっと待っていてくださったんだと思ったら
泣けてきました。

ミサが終わって教会からお墓までの10分ほどのドライブでも
息子たちが車の後ろを歩いて行ったのですが
道行く人や反対車線の車も
すれ違いざまにいったん止まって
十字を切ってお祈りしていました。
ほんとに宗教が息づいている国なんですねえ。



c0088696_21253056.jpg
アイルランドは土葬です。
お花は家族からのみと告知したので少なめですが
それでも大きいのが6つ。
わたしも日本の両親からってことで
一番手前の地味なのをネット上でオーダーしました。
もっと派手なのでも良かったかな。
勝手が分らなかったので、クラシックっていうのにしたんですけどね。




アイルランドのお葬式
[PR]
# by mango55mango | 2017-03-31 21:23 | アイルランド | Trackback | Comments(7)