ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

イギリスになじんだなーと思う瞬間

クッキーを紅茶に浸して食べて、おいしいと感じたとき。
これ、初め見たときは
ウォエー#*”!!!
となっていたはずなのに、
最近は自らやっている。
クッキーはサクサク感が命! 
と思っていたはずなのだけど・・・。
なぜか、おいしく感じちゃうんだよねー。

食器を溜め洗いして、なかなかいいなと思ったとき。
周知の事実だと思うけれど、
こちらの人は食器を洗うとき、
シンクに水を張って、洗剤を適量いれてブクブクにし、
食器をササッとくぐらせて、
ブラシでなでて、
そのまま乾燥させる、
というプロセスをとっている人も多い。
洗剤は食器の消毒になるから、逆にいいのよ、なんていってる人もいる。
フェアリーというメーカーの洗剤はかつて、ベビーが口に入れても大丈夫、というのをうたい文句にしていたらしい。
そもそも、こちらのシンクは溜め洗い用にできているのか、
日本の馬鹿でかいシンクの半分か3分の1くらい。
そもそも、うちのシンクなんて丸いし!
隣には食器を乾燥させる浅いシンクまで付いている。
この浅型シンク、引っ越した当初はどう使おうかかなり迷ったものである。
深さが3センチくらいしかなく、一応水が流れるようになって入るものの、
ほっそいプラスチックのホースでメインのパイプとつながっているだけなので、
水を流してもなかなか流れないし。
で、たまたまIKEAで、丸型のぴったりなサイズの食器置きを見つけたので、
普通に日本でするように流し洗いをして、そこで乾燥させていたのだけれど、
最近は溜め洗いの良さに目覚めたのだ。
水の中にどんどんぶち込んでいくから、汚れが浮いて洗い易い。
水の節約にもなる。
さらに、柄付きのブラシを使うので手が荒れない。
注意するのは、刃物をぶち込まないこと。泡でよく見えないので危ない。
で、イギリス方式で洗って、隣の浅いシンクに置き、
ちょっとたまったら、そこにかけ水をするのです。
まあ、泡は残るけれど、もう、あまり気にしなくなった。
食器乾燥機があるので、シンクで洗うのはそんなに多くないしね。

今日は、28時度まで気温が上がるらしい。
朝からものすごくいい天気。
ワールドカップでイングランドの予選最終戦。
果たして本当に最終戦になってしまうのか。
勝たないと本選に行けなくて、引き分けると(アメリカも引き分けた場合)抽選らしい。
明日の日本戦が気になる私はどうなってもいいんだけど、
もし負けたら、ちょっと面白いなーと思っている私は、
やっぱりイギリス人にはなっていないようです。
その後の騒動がちょっと楽しみなんだよね。
ルーニーが、第2戦あとにブーイングした観客に文句言って問題になってるし、
そもそも、南アフリカでゴルフなんてしちゃってるし、
ホリデー気分だったと言われるのは必至!!!
彼らがもらっている報酬を考えると、もう、文句の大洪水だろうなー・・・と。
ちょっと見てみたいのです。

そんなイギリスでは、きょうのイングランド線のために
学校は授業を早く終わらせるらしいし、
うちの相棒も午後は他の会社の招きで
貸しきりパブで盛り上がるらしい。
私は同僚のイギリス人サラとその彼氏、スペイン人のベティと近所のパブで観戦予定。
その前に公園でピムスでも一緒にどう?と誘ってみよう。

土曜日までとてもいい天気らしい。
ウィンブルドンも始まったし(フェデラーの初戦はエキサイティングだった。特に負けかけたとき!)
今週末はグラストンベリーだし、
先週はロイヤルアスコットにUSオープン(石川君はおしかったなあ)だったし、
イベント目白押し!!!
[PR]
by mango55mango | 2010-06-23 17:56 | London生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nurselon.exblog.jp/tb/14644235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< フルーツサラダ 焼き肉 >>