ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

イギリスでスタッフが不足している業種とは?~Shortage Occupation List 2014~

以前イギリスで看護師になる(アップデート)という記事でふれた


というもの。
久々に見直してみました。
ほんと、いろんな職業があっておもしろーい。

注目すべきナースに関しては
手術室看護師の項目がはずされ
specialist nurse working in neonatal intensive care units
のみが不足しているという事になっていた。
NICUきついもんねー。
こちらのNHSのNICUで働いていたKちゃんも
本当に大変そうだった。

病院がSponsorになるのに
最低の年収が決められているのですが
その中に
Supervised practice nurses (Band 3 and equivalent): £16,271
というのがあるので
まだ一応海外からの看護師も受け入れていますよ
って感じだけど
まあ、ここ5~6年はとんと見た事がないねー。
NICUにはいるのかしら?Supervised Practice Nurse???



他に面白かったのが
Dancers and choreographers
の項目。
バレエ団やカンパニーの名前まで特定されていたり
Royal Opera HouseやSadler’s Wells、 Barbicanで踊った事がある
もしくは招聘された事があるダンサー
とかいって
ほんと一流じゃないと駄目ってことだねー。

あとChefの項目も
年収が住居などの生活費を引いた上での
£29570以上で
さらにその年収でVisaを得たら
短期間で減俸される事を禁ずる
ってな注意書きがあって
これも、ほんと一流シェフでないとって感じ。
日本食レストランでも
日本人のシェフをとんと見ないのは
こんな理由があったからなのね・・・。





[PR]
by mango55mango | 2014-12-19 01:09 | イギリスで看護師になる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nurselon.exblog.jp/tb/23227018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Saori at 2014-12-19 20:17 x
身近なところで感じる変化で、長男の頃の同級生にはたくさんフィリピン人がいたのですが(みんなお父さんやお母さんがナースのお仕事をしてます)、2年差の長女になると同級生にほとんどフィリピン人がいないのです。多分その2年の間に募集されるナースの種類が変わったり、移民政策が厳しくなったりしたんでしょうかね。
これだけ日本食ブームなのに日本人シェフが少ない理由も納得。でも正直日本人で不法移民とか聞かないから、緩めていい職種とか国とか選べばいいのになぁ、なんて思うんですが。それって甘いのかな~
Commented by mango55mango at 2014-12-20 18:11
Saoriちゃん
あー、そうそう。看護師の受け入れをストップしたのが8年くらい前なんで、ちょうど長男君くらいの時だね。
そっか、学校にも顕著に現れるもんなんだね。
日本人でも、結構、不正にいる人はいたよー。でも、普通のレストランで30Kのサラリーってありえないもんねえ・・・。よっぽどの大きいとことか、ちょっと有名なシェフとかでないと。
<< おいしいコリアン in London Londonお勧めの英語学校 >>