ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

パルテノン神殿を訪れる際の注意点④ ~パルテノン神殿への行き方~

アクロポリスの丘周辺には遺跡がたっくさんありますが
まずはパルテノン神殿から攻めたい!
私は美味しいものは一番先に食べるタイプです。
まあ、それとは別に
パルテノン神殿のチケットで他の遺跡にも入れるからなんですけどね。
(結局学生証の威力でどこでもタダだったけど・・・)
他の遺跡でこの共通チケットを買えるかどうかは不明。
というわけで
着いて早々パルテノン神殿へ向かいました。

地図を見ましたが~・・・、
アクロポリスの入口ってどこ?
と思いませんか?
c0088696_22284951.jpg
今思えば左側の
黒線の囲みが途切れているところ
だとあたりはつくのですが
着いて早々は土地勘もなく
炎天下をうろうろ歩き回るのは
非常にしんどかったです。

右下のペンで囲ってあるのが
地下鉄のAcropoli駅なのですが(ぶれてて見にくくてすみません)
そこから歩いていって最初に見えるのが
Dionysous Theatreなので
おもわず無駄に行列に並びそうになりました。


《地下鉄ACROPOLI駅からパルテノン神殿への実況中継》!!!
(行かない人にはまったくどうでもいい情報だ!)

地下鉄のゲートを出ると出口がいくつかあります。
左側の出口にAcropolis Museumの表示があるので
そちらから地上に出てみました。
階段を上がっていった方向そのまま進むと
すぐに十字路に差し掛かります。
ここにもAcropolis Museumの表示が左折となっているので
このDionysiou Areopagitou通りを左折します。
緩やかな坂道を上がっていきます。
店も何にもありません。
観光地の門前には土産物屋がごまんとあるものでは?
ほんとにこっちかなー?と不安になります。

道の右側には木が茂っています。
その後ろに何か入口が出てきます。
ここかな?
名前も何も出ていません。
チケットを売る小屋の前には行列が。
ゲートの左側に官公庁のプレートらしきものがあり
そこにかろうじてDyonysus Theatreの文字が読めました。
あ、ここではないのね。
また、元の道に戻り坂道を上がっていくと
左手にモダンな建物が出てきました。
これがAcropolis Museumです。
冷房の効いているであろう建物内の誘惑に
負けそうになりながら
さらに進んで行きます。
右手に階段がありました。
登っていくと
どうやらこちらも劇場のよう。
c0088696_17102659.jpg
ヘロディス・アッティコス音楽堂でした。
ここの前にもチケット小屋があり
ここでチケット買うのかな~?と近づくと
Acropolis Tickets→(アクロポリスのチケットはこの先)
という張り紙がしてありました。
まだ先なのね。

今度は元の道に戻らず
そのまま矢印のほうに進んでいくと
右上に向かう階段と合流。
団体さんらしき人たちも階段を登って行きます。
そう、ここがアクロポリスの入口でした。

でも、これで安心してはいけません。
ゲート前の行列は
チケットを持っている人たちの行列。
左に下っていった売店の向かいの小屋が
チケットオフィスです。
ここでチケットを買う行列に並びます。


知っていれば地下鉄駅から
徒歩15分ほどでしょうが
結局30分くらいうろうろしてしまいました。

私が思うに
多分Acropolis Museumの下の
Chatzichristou通り(途中でRovertou Gkalli通りに変化)
を西端まで行って
アクロポリスの丘の左下から登っていくのが
王道なのではないかと・・・。
行ってないからわからないけど
お土産屋さんとかもいっぱいあるのかも?!
Plaka地区(地図でアクロポリスの右上)には
山ほどあったけどね、お土産屋さん。

要は上の地図上の▲マークが
丘への入口ということらしいです。
と言う事はMonastiraki地区からのアクセスも
可能と言う事ですね。
そういえばAncient Agoraに行ったときに
Acropolisはこちらという出口がありました。
Monastiraki地区はうろうろすると面白いので
土地勘が出来てからならこちらからアクセスするのも
楽しそうです。








[PR]
by mango55mango | 2015-07-05 16:13 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nurselon.exblog.jp/tb/24344756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ランチはアクロポリス博物館で! パルテノン神殿を訪れる際の注意... >>