ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

カテゴリ:勉強( 8 )

Londonお勧めの英語学校

知り合いのお子さんが
イギリスに短期語学留学をしたいそうで
お勧めの学校を聞かれました。

まずは私や友人が通ったことのある
ロンドンのお勧めの学校を。


私が十数年前に始めてイギリスに来たとき

通っていた学校です。

まだあったのね、という感じ。

高級住宅街のHampsteadにあり

とても面倒見の良い学校でした。

交通はちょっと不便だけれどもね。



International House

ここは超老舗。

英語の先生を養成するコースの模擬生徒として

受講したことがあります。

ロンドンの中心にあってどこに行くにも便利。

いろんなコースがあり

とってもしっかりした授業です。



Malvern House

ここは2000年設立だから

結構新しいかな。

でも、かつて友人が行っており

結構評判はいいと聞きます。

校舎によってはWifiもあって設備もいいらしいよ。

ロンドンに2箇所校舎があって

レベルによって校舎が変わる。

友人の話だと

ビギナーの校舎に行くほど日本人率が高くなり

その殆どが日本人同士でつるんで

日本語ばかり話していると。

まあ、Londonの学校は

やっぱり日本人多いから

多少は仕方ないですね。

結局は自分しだい。


あとはこんな留学斡旋会社も見つけました。

Mitsuba Associates

いろんな学校と提携されているようで

日本語で色々調べられるのはすごく便利そう。





[PR]
by mango55mango | 2014-12-16 07:59 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

イギリスの卒業式

c0088696_02185547.jpg
そうそう、すっかり書くのを忘れていましたが
卒論が無事パスして
こちらの大学を卒業しました!!!
もう7月の話です。
すみません。
すっかり忘れてた。

卒業式はちょうど結婚式の3日後だったので
両親やいとこに叔母まで参加してくれました。
結婚式を契約する前に
卒業式と重なったらヤダナーと思って(平日の結婚式だったので)
大学に日にちを確認したけれど
まだそのときは7ヶ月も前だったので
日にちは分らなかったのよねー。
重なったら仕方ないなー
と結婚式を予約しましたが
ラッキーでしたー。
c0088696_02194985.jpg
卒業式はBarbican Centreの中の
劇場で行われました。
ご覧の通り超盛大でしたよ。
卒業生は身体科学系の学生だけだったのですが
400人くらいいたようです。
ステージの両横には大きなスクリーンがあって
各卒業生の顔が映し出されます。

c0088696_02191410.jpg
海外ドラマでお馴染みの
例の帽子とガウンも着ましたよ。
もちろんレンタルです。
30ポンドくらいだったかな?
学校と身分(学士、修士、博士)によってデザインが微妙に変わります。

チケット制で
家族を招待するには一人当たり25ポンドもする
チケットを買わなくてはなりません。
はじめは両親だけの予定で予約しておいたのですが
当日、いとこと叔母も見てみたいとのことで
会場で聞いてみたら
当日券がありました。

式の後はシャンパンレセプション。
チケットにはドリンク1杯の値段が含まれています。
レセプションでは
Module Leaderのイトカ先生がわざわざ探しに来てくれて
少しお話しすることが出来ました。

私のやっていたBSc Nursing Studyと言うのは
Diplomaをもったナースが
自分のペースで5年以内に単位をとって
その合計で卒論まで行くというもの。
どの順序でクラスをとって行くかは個人任せなので
俗に言うクラスメイトと言うのはいませんでした。
それでも最後の3Modulesが一緒だった
ミシェルと思いがけず会えて
お互いの健闘を称えあえたのも
嬉しいサプライズでした。

更に彼女も最近婚約したんだー
と報告され
私は先週結婚したんだー
なんて報告し
お互い笑っちゃいました。
結婚式の費用をストレートに聞かれたのには苦笑い。
みんな苦労してるんだね。

最後に
これからこのガウンを着て卒業される方は
安全ピンを3つ持って臨まれることをお勧めします。
この黄色いフードみたいなの
これ、ガウンとは別物で
上から被るんですよー。
ネクタイをする男子はそこに挟んで収まりが良いけれど
ドレスの女子には首を絞めるもの以外の何物でもありません。
幸い叔母がピンを持っており
ドレスに留めていい具合にステージに上がりましたが
結構みんな苦労してました。
胸元と両肩をピンで留めると
綺麗に決まります。
服装自体はそこまでフォーマルでなくても大丈夫そうでしたよ。
男子はタイ着用
女性はワンピースか綺麗めのシャツとボトムでOK。
観覧の人々はそれぞれでしたねー。
ジーンズの人もいたけれど
そういう人はきちんとしたジャケット合わせてましたね。
スニーカーはNGですねー。
ちなみに
私は結婚式の翌日に着た
Vivienne Westwood red labelの
コットンドレスに
これまた結婚式で履いた
HOBBsのサンダルでした。

式に出なくても卒業は出来ますが(出るのにお金かかるしね)
思った以上に楽しかったので
お勧めです。


[PR]
by mango55mango | 2014-12-13 08:11 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

英語でLiterature Review

卒論が終わりましたー!!!
ほんと、ギリギリだった。
この性格はどうにも直らないようです。

それにしても、今回は、産みの苦しみと言うものを
始めて味わいました。
多分、漫画家さんや、作家さんなんかは、
こんな感じなのかなー、なんて。
書きたいものはあるのに
どう進めていいかが本当に分らなかったのです。
パズルのピースはあるのに
どれをどう使えばうまくまとまるのか
本当に苦労しました。
一つのキーワードとか、センテンスとかがあれば
スッとまとまりそうなのに
このどうにもならないもどかしさで
悶々としましたー。

で、ある朝、スーと降りていらっしゃいました。
アイディアが。
「あーーーーーーーー、分ったーーーーーーー!!!」
この感動を伝えたく、寝ていた相棒を揺り起こし、
ガーっとアイデアを話しまくるも、
話が専門的過ぎて「???」の相棒。
それでも、
「Eureka Momentだね。」
と素敵な言葉をくれました。
ギリシャのアルキメデスが法則を見つけたときに
叫んだとされるギリシャ語からきていて
「見つけたー!!!」と言う決定的瞬間のことを言うのだそうです。
まさにそんな感じ♪

でも、そのある朝とは・・・・
締め切りの2日前・・・。
6千語に対して5千近く書いたいたのを
4千近くまで減らし
書き直しました。

もっと手直ししたいところも
色々遂行したいところもいっぱい、いっぱいあったけど、
さすがに2晩完徹で書き続けることはできず、
不本意ながらもしょうがなく提出。
いまどきはみなオンライン提出なのですが、
3分前でしたよ・・・。
どきどきでしたー。

それにしても、不思議な感覚でした。
創作活動に携わる人は
皆こんな感覚のために色々構想を暖めているのでしょうか。
まさに、作家さんが週刊誌の締め切りのために
別室で編集さんが待っているのに
どうにもこうにもいかなくて
グダグダしたり、ソファーに寝転がってみたり、
逃げ出してみたり、掃除してみたり、
で、ある瞬間、神が降りてきてガーっと書き出して
編集さんに「できましたー!!!」
で、バイク便で印刷所へ・・・。
てな妄想が頭の中をぐるぐるめぐっていました。
ま、たかが卒論なんで、そんなたいそうなもんでもないですけど。

なによりも、仕事中にも論文を添削してくれたり(駄目じゃん!)
時には励まし、時には何も言わずに見守り(これって結構つらいよね)、
時にはののしってくれた(笑)相棒に本当に感謝。
そして、ご無沙汰していた友人の皆様、
また遊んでー(ハート)。
って、Weddingの準備もあるんだった・・・。

ここからはLiterature Reviewの手順と言うか、覚え書きを。興味のない人は見てはいけません・・・。
[PR]
by mango55mango | 2014-05-15 17:24 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

イギリスの看護大学で卒論中

c0088696_005346.jpg

BSc Nursingコースの卒論提出まであと1ヶ月切ってしまった。
というわけで、大学の図書館で勉強中。
メインキャンパスの図書館は本当にでかい。
1階はカウンターとコンピューターが50台?くらい。
2階にもコンピューターが50台くらいあって
さらにグループ用の個室や
小グループのプレゼンに使える機械がそろった部屋なんかもある。
予約すればどの学生でも使える。
ここまではおしゃべりしていい空間。
3階からが図書の棚と学習机が置かれている。
柱には各国語でSilentと書かれている。
「沈黙」は日本語か中国語か???
周りにがんばっている生徒たちがいると
やっぱり家でやるよりはかどるみたい?

More
[PR]
by mango55mango | 2014-04-03 16:07 | 勉強 | Trackback | Comments(4)

日本の短大を出て、イギリスで学士になるべく奮闘中

大学に行っている事は以前に書きましたが、
なぜ行っているかというと、
学士をとりたいから。
日本で看護短大卒の私は
こちらではDiproma Holderとなります。
学士はBachelorと言って、日本で言う4年制大学卒。
今わたしが行っているのはTop up Degree courseと言って、
Dipromaを持っている人が単位を集めてそれに上乗せし(Top upして)
Bachelor of Science(BSc) をとると言うもの。
以前やっていたNeuro Science Courseの単位も使えるため
今やっているBiology and Pharmacologyのモジュールが卒論前の最後の単位になる。

生理学と薬学・・・。
はるか昔にやったけれど、忘れてるなあ・・・。
しかも、ほんとに解剖生理の基本の英語を知らないと言うことを実感。
普段、脳神経や耳鼻科の専門用語しか使わないから、
それで何とかなっちゃっているんだなあ。

あと10日でテストです。
さ、勉強しなくちゃ。
[PR]
by mango55mango | 2013-04-14 06:35 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

やったー、受かった!!! Contemporary Nursing Module

c0088696_191250100.jpg

Pass!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ちっこいスパークリングワインで乾杯しました。いぇい♪


ブログ、1ヶ月以上も放置でした。
忙しかった・・・。
と言うのも、5月から大学に行きはじめました。
その、最初のモジュールのテストが9月3日にあったのです。
今までも大学のコースは受けてきましたが、評価は全てエッセーでした。
英語のテストは初めて。
持って入っていいのは、リファレンスリストのみ。
テーマこそ決まっていましたが、質問はそのときにならないと分からない。
なので、テーマに即した、論文や本を読み漁って、リストを作り、そのリスト一つ一つに何が書いてあったか覚えていなければならない。
さらに、2時間で序章から結論までのエッセーを書き上げなければなりません。
絶対無理!!!と思っていましたが、始めた以上そうも言っておられず、
しかも、テストの前にはいろいろなことが重なって、本当にしんどかったです。

しかも、テストと言われて、一番恐れていたことが起こった!!!



質問の意味が良くわからない・・・・・・・・・・。

キーワードとなる単語の意味が分らなかったんですねー。
ひーーーーーーー。
それでも、何とか想像して書き始めましたが、残り1時間と言うところで、どうも腑に落ちない・・・。
で、はたっっ、とまったく違う質問の意味を思いついてしまったのです。
絶対、これだ、今まで書いたのは全て見当違いだった、と確信しました。
でも、もう残り1時間切った・・・。
心臓バクバクいいました。
今まで書いていたのをほとんど二重線で消して、また新たに書き始めましたよ・・・。
もう、終わりのほうは、心臓が痛かった。首も、腕も、ガッチガチ。
自分で何書いてるか分らなくなっちゃってた。

なので、昨日、先生からメールが来てるのを見たときにも、脈拍が一気に上がりました。
ドキドキしながら、添付ファイルを開けると・・・・・


Pass


の文字が!!!!
41点だけど、ははは。
40点以上が合格なのです。
いいの、いいの。受かってれば。
ギリギリのギリギリで、フィードバックにもボーダーラインって書かれてるけど、
もう一回受けなくていいんだから、いいのです。

先生も迷っただろうなー、落とすかどうか。
多分、2点は授業態度ではなかったか?結構授業中質問しまくってたし。
無遅刻、無欠席で、ほぼいつも一番前を陣取ってたし。
試験前も、結構質問のメール送ってたし。

あああ、でも、本当に良かった。
もし落ちてたら、今やってるモジュールのエッセー提出と同じ日に再試だったんだもん。
それこそ無理だったよー。

これで、やっとホリデー気分に浸れます。
シチリアに行くんだー。
楽しみ♪
[PR]
by mango55mango | 2012-10-02 20:23 | 勉強 | Trackback | Comments(12)

落ちた…。

のんびりにもほどがある更新だけれど、今本当にテンパっている。
Neuro Courseを大学で取っているのだけれど、前回のモジュールのエッセイで落ちた。
今3モジュール目が始まっているが、再提出と、今回のモジュールのエッセイの提出日が同じ。
また、エッセイを2つ抱えてしまった…。
12月の半ばなので、1ヶ月ちょっとしかない。
その間仕事も普通にあるわけで…。
できるだろうか?

両親が遊びに来ていて、BrusselとAmsterdamに行ったのだが、その話は余裕ができてから…。

コメントくださった方、お返事遅くなってごめんなさい。
[PR]
by mango55mango | 2009-11-05 21:57 | 勉強 | Comments(3)

エッセイ

学生指導をするためのメンターシップコース。
明日がエッセイの締め切りです。
3000Word。日本語の3000文字じゃなくて、3000の英単語ですから!

ねむい・・・
[PR]
by mango55mango | 2007-08-22 19:08 | 勉強 | Comments(2)