ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

カテゴリ:考えたこと( 4 )

あの日から5年

今日は東日本大震災からちょうど5年。
c0088696_17313553.jpg
BBCの朝のニュースでも5年目と言う事で
当時の映像が流れました。


c0088696_17314359.jpg
陸前高田からの中継も入りました。

c0088696_17315192.jpg
バックに奇跡の一本松が見えます。

c0088696_17315905.jpg
何がショックって・・・


c0088696_17320647.jpg
かさ上げされた町の中心になーんにもないこと。
5年・・・復興はまだまだなのですね。

はっきり言って、朝のニュースを見るまで
あ、今日か・・・と忘れていたのです。
日々の生活に紛れ、記憶はどんどん薄れていく。
それはある意味、正しい事なのかもしれないけれど、
やはり、こうして、時々でも思い出して振り返る事が
復興の手助けになると思うのです。

日本赤十字からまだ義援金を寄付できます。


[PR]
by mango55mango | 2016-03-11 17:29 | 考えたこと | Trackback | Comments(0)

海外でChinese Ladyとかニーハオと言われることについて

ロンドンに住んでいると
中国人や韓国人に間違われることが
よくあります。
それについては特に何も思いません。
私も外国人の区別なんて聞くまで分かりませんもん。

でも、時々道で知らない人に言われて
ムッとすることがあるのも事実。

何も思わないときと
むっとするときの違いは
なんなんだろう?
と考えさせられる出来事がありました。

以前、職場でもポーターのひとりが
私を見る度に
「ニーハオ」
と挨拶してきて
最初は笑顔でHelloと返してから
「ところで私日本人なんだ。」
と言っていたのだけれど
その後も毎回言ってくるので
ああ、からかわれているんだな、
と無視するようにしたら言わなくなりました。

今日は、バスに乗っていたところ
黒人の若い女の人がドライバーに悪態をつきながら
二階に昇って来ました。
二階には私とその人の二人だけ。
その後も携帯で大声ではなしています。

10分くらいずっと本を読んでいましたが
あまりにうるさいので
横においた荷物から携帯を出すときに
ちらっとその女の人を見たんです。
まあ、うるさいな、という
抗議の目線が入っていたことは否めませんが、
1秒も満たなかったはず。

すると、彼女は
「Hey, that Chaina! Don't look at me!!!」
とシャウトしてきました。

無視しようとしても
「Hey you, Chinese woman!!!」
と続けて叫んできます。
かなりムッときました。

ゆっくり振り返り
「Actually, I'm not Chinese.」
と返すと、彼女は
「Whatever!」と言い返します。
その後の会話は
私「I look at you because you are extremely loud.」
彼女「I'm on the phone, eh? Understand?」
私「I can see that but you can turn down your voice a little, can't ya?」
といった感じ。
そこで彼女は電話に戻ったのですが
心なしか声は小さくなっていたような…。
勝った?!

彼女の言い方や
うるさかったことに
ムカついたことはもちろんですが
それよりなにより、最初に私から出た抗議の言葉は
「私は中国人じゃない」でした。

中国人に間違われるのが嫌なんじゃないんだ
と気付きました。

決めつけられる

というのが嫌なんだな。
彼女は私の外見から勝手に想像して
Chineseと判断したのでしょう。
そう判断するのは彼女の勝手ですが
この場面でそれを言う必要は
全く無かったわけです。
二階には私達しかいなかったんですから。
Hey youだけじゅうぶん私の気を引けたわけですよ。

そこで人種を持ち出したのは
勝手に決めつけることで
私を攻撃、もしくは
自分が優位に立つ
ってことが目的だったといえますよね。
もし私が
彼女が黒人だという事だけで
「Yes, Zimbabwe?」
とか
「Hey, Congo!」
とか返していたら
彼女はどう思ったのでしょうか?
彼女の英語は完璧な東ロンドンのアクセントでしたけどね。
もちろん言いませんでしたけど。

そんな事を考えながら
その日はバスを3回乗り換えたんですが
なんと3つ目のバスにまた彼女が乗ってきたんですよー。
前のバスを降りたバス停も違っていたのにぃ。
ちょっと怖かったわー。
相変わらず電話でしゃべっていて
こちらに気付きもしなかったけど。

人種の事を言ったりするのはタブーと言われますが
親しくなった人にどこの出身か聞くのに失礼な事はありません。
ただ、こういった不必要な場面で
見知らぬ人に人種を持ち出す
知りもしないのに決め付ける
と言う事が失礼なんだな
と言う考えにいたりました。

どう思いますか?





[PR]
by mango55mango | 2015-11-11 20:43 | 考えたこと | Trackback | Comments(8)

Dementiaville @ Channel 4

c0088696_17264011.jpg
写真はChannel 4より拝借
Channel 4のドキュメンタリーが素晴らしい。
Dementiavilleは先週から始まったシリーズ。

誰にもいつかは訪れるであろう老い。
その過程でもし痴呆になってしまったら?

Episode1ではMidlandにある老人ホームPoppy Lodgeの
ユニークな試みに焦点を当てていた。

Poppy Lodgeでは
痴呆になった利用者さんの昔の記憶に寄り添って
たとえ彼らの話や行動が意味を成さなくても
けっして否定したり
間違いを正したりはしない。
利用者さんに話を合わせて
時には俳優のように演じながら
彼らの古い記憶を大切に愛おしむお手伝いをしている。

このメソッドは英国の100以上のケアホームで実践されていて
実際に不安を軽減して利用者の生活の質の向上に貢献しているそうだ。

たしかにPoppy Lodgeの人たちの顔は
穏やかで明るい。

写真の女性は昔
病院の総婦長さんだったそう。
そのときの記憶を大切にするために
スタッフは包帯の巻き方を教わったり
イベントの指揮をとって(いるつもりになって)もらったり
と色々とアプローチをしているのだ。

うちの病院にも時々痴呆の人が入院してくる。
急性期では難しい事もあるけれど
いろいろと彼らに接するためのヒントをもらった。
同僚もFacebookでこのシリーズを絶賛していた。

在英の方は上のリンクから
Episode1を観て頂けます。

今週のEpisode2も録画して観たいと思う。


[PR]
by mango55mango | 2015-06-07 17:16 | 考えたこと | Trackback | Comments(0)

怒涛の年末年始

あ~、また久しぶりの更新になってしまった。
なんと昨年は6回しか書き込みをしていない。
こんなんでBlogをやっている意味があるのだろうか?
もともとは、日本にいる両親や、友人に、元気でいることをさりげなく発信するのが目的だったのだが(自分から元気だよ~、といわずに、向こうが気が向いたときにどうしてるかな~と確認できるのが好ましかった)、その意味もSkypeで連絡を取るようになったりして、あまり意味を成さなくなってきた。
純粋に、記録として残すには、更新が少なすぎる。
というのも、忙しくなると、ついつい後回しにしてしまうから。
ブログのトップページをHomeにしたりして、PCが立ち上がったら、必ず見るようにしても、だめだった。
そういえば、昔から日記も3日坊主だったのであった…。

それでも、Blogをやっていたからこその出会いが、いくつかあり、とても感謝しているのも事実。
トコトコブラブラのMokoちゃんから、LondonにすむNurseたちの輪が広がって、いまでは、彼女たちなしにここにいるなんて考えられない。
同じような時期に渡英して、同じようにSupervised Practiceで苦しみ、就職してからも職場こそ違ったけれど、同じような悩みを抱えながら戦ってきた、いわば同志たちだ。

そして、Strawberry Vanilla CreamのSaoriさんには、Irishのパートナーのことで悩んでいたときに、直接メールでやり取りをさせていただき、いろいろとアドヴァイスをいただいた。兄弟が多く、密な親族、友人関係を保つIrishたちの中で、2人のかわいいお子さんを育てながら、たくましくイギリスで生活されている姿に(まだお会いしたことはないのだが)いつも励まされている。

ろんどんらいふのMappetさんとは、一度だけSHIGETAのセミナーでお会いしたことがあるのだが、いつも美しい写真にやられっぱなし。密かに憧れのBlog。
彼女のように、美しい写真を載せることもかなわず(そもそも撮れないし)、時々コメントをいただく、海外でNurseとして働きたいと思っている方々に役立つような情報をと思っていても、なかなか仕事自体に疲れていて、書こうという気になれないでいる。

まあ、そんなBlogではあるけれど、こうやって、ほんのたまに書こうという気になるので、残しておきたいのです。ぜんぜん、役に立つ情報もなく、きれいな写真もないけれど、たま~にUpされていくことでしょう。

今まで何をしていたかというと…
[PR]
by mango55mango | 2010-03-04 18:07 | 考えたこと | Trackback | Comments(2)