ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

カテゴリ:旅はいいな( 37 )

パルバラのホテル

実はパルバラでは相棒の仕事の都合で
一泊しました。
そのホテルがとっても素敵でした。

Cheqerfs Hotel
c0088696_01302391.jpg

1548年に建てられたって
描いてありますねえ。

c0088696_01303123.jpg

入り口。
入ってすぐ右手が
ヴィンテージの家具屋さんになっています。

c0088696_01303809.jpg

ホテル内とお庭、客室にも
その家具がふんだんに使われていて
かわいいの!!!

c0088696_01304458.jpg

朝御飯も美味しかったです。

c0088696_01305175.jpg

右のでお漬け物つけられそうですねえ。

c0088696_01305607.jpg

居間には暖炉が。

c0088696_01310292.jpg

客室は狭いですが
シンプルでいい感じ。

c0088696_01352857.jpg

ホテルの前には野原が広がっていて

c0088696_01353538.jpg

フットパスが通っています。

c0088696_01354226.jpg

このパスは前述の
メインストリートに繋がっているんでした。

泊まってまで見るものはないけど
このホテルはお勧め。
[PR]
by mango55mango | 2016-07-13 20:00 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

パルバラの続き~メインストリート~

パルバラの駅から車通りまで出て
左へランナバウトも越えて15分ほど歩くと
メインストリートです。
30mほどお店が連なっていますが
やたら獣医やペット関連の店が多い。

その中で一軒チャリティーショップがあり
ここが素晴らしかった!
old pylexの状態の良いのがたくさーん!!!
店番のおばさまがたも品がよく
近所の人がおしゃべりしにやって来ます。
私もおしゃべりしながら30分くらいはいたかな。

買った荷物を快く預かってもらって
再び探検へ。


c0088696_01333117.jpg

あらー、素敵な建物と思ったら…



c0088696_01334418.jpg


パブでした。


c0088696_01334946.jpg

なかにはおーっきなオープンの暖炉が!!!
冬は素敵だろうなあ。

c0088696_01335590.jpg

さりげなくヴィンテージか置いてあって
いい感じ!

c0088696_01340250.jpg

ご飯も美味しそうなメニューでした。
エールを半パイント飲んで探検は終了。
だって、メインストリートはこのパブで
おしまいでした。


[PR]
by mango55mango | 2016-07-10 23:00 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

ロンドンから日帰りで行けるイギリスの田舎町。

イギリスに旅行に来たらちょっと日帰りで田舎に足を伸ばしてみたいと思いませんか?
オックスフォードやケンブリッジは綺麗だし
ガイドブックに載っているライ村やルイスも素敵。
でも、全然観光化されてなくて
でもちょっとかわいいティールームやヴィンテージショップがあって
尚且つ駅から10分も歩けば
羊や牛が草を食んでいる風景が広がっている、
イギリスの人たちの普段の暮らしがかいま見える、
そんな場所に行ってきました。
短時間でイギリスの田舎をのんびり満喫するにはおすすめ!
反対に綺麗なものを沢山見たい、買い物もしたいって人にはおすすめしません。
なんてったって見るとこ少ないから!
c0088696_03470175.jpg

Londonのビクトリア駅から
電車で1時間20分。
West SussexのパルバラPulboroughという町。
乗り換えもなく、事前にチケットを買えばなんと片道5ポンドから来れちゃうんです。

c0088696_01020722.jpg

電車が途中のHoushamで半分に切り離されて
前と後ろで行き先が違うので要注意です。
今回は8両中、後ろ4両がパルバラに行く列車でした。
c0088696_01021427.jpg

駅にある地図。

イギリスではありがちな
メインストリートが駅から結構離れているケース。
歩いて15分位でしょうか。

c0088696_01022090.jpg

先ずは駅の前の坂道を降りて
バス通りに出て左に向かいます。
最初のランナバウトの右前方に見えるのが
こちらのアンティーク&ティールーム。
これがなかったら、パルバラは来る価値無かったかも
というくらいのお店でした。
c0088696_01022816.jpg

こんなかんじで天気がよければ
外でティータイムも可能。
ハミングバードケーキ(バナナとパイナップル)が美味しかったです。
軽食もあって美味しそうでしたよ。

そして、アンティークもまあまあ値段は安めで
掘り出し物ありそうでした。
c0088696_01023450.jpg

すごくまよったパイレックスのグラス。
結局買わなかった。
c0088696_01024143.jpg

個人のディーラーが3畳くらいのスペースを使っていて
それぞれのディスプレイを見るだけでも楽しい!
c0088696_01024744.jpg

小さなミルクジャグばかりを
低い天井から下げて。
c0088696_01025417.jpg

かわいい巾着たち。
c0088696_01030071.jpg

50'sと書かれた羽のファシネーター。

もう、ここだけでお茶も含め
2時間はいられる!

長くなったので、続きます。
[PR]
by mango55mango | 2016-06-10 01:00 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

香港のおすすめ

突然ですがー・・・
Aiちゃんが香港に行くというので
お勧めの美味しいものをご報告。
ただし、情報は2012年のもの。
でも、Google Mapでまだ出てくるところばかりなので
存在はしていると思われます。

c0088696_18121385.jpg
まずは、香港に入り浸ってたホキお勧めの飲茶。
BP International Hotelのとなりの
King's Cuisine。
ホテルを過ぎてキンキラキンの入口を地下に降りたところにあります。
G/F, Hong Kong Scout Centre Cum BP International
8 Austin Road
Tsim Sha Tsui
感動的に美味しい!!!というわけではないけれど
値段と質のバランスの取れた
普段使いの飲茶店だそうです。
メニューも写真つきでオーダーしやすい♪

c0088696_18121057.jpg
金魚ちゃん♪
香港文化中心の前にある
映月楼。
動物点心がかわいいの。
値段はKing'sよりは高めですが
ここで特筆すべきは
なんといっても眺めがいいこと!
c0088696_18142439.jpg
完璧にデート向きですね。
c0088696_18142037.jpg
盛り付けもこじゃれてる。

ここでは是非上の階に通してもらって!

c0088696_18121155.jpg
そして、マンゴー好きとしてははずせない

甜姨姨の芒果大合奏

http://www.hongkongnavi.com/food/535/
ここの周り美味しそうな店がいっぱいあって
次行ったときは開拓してみたいところなんだ。
マンゴーオーケストラは、もう、幸せのひと時だったよー。
甘味やは多いけど、ここがダントツだったなー。

c0088696_18121297.jpg
そして、大好物。
チェーン店ですが
池記の海蝦雲呑麺!!!
うーん、何回食べてもうまい安定した美味しさ。
ペロッといけます。
小さいしね。

あと、台湾ほど出ないにしても
茶芸館もはずせない。
c0088696_18142007.jpg
香港公園の中にある
羅桂祥茶芸館。
c0088696_18142131.jpg
ゆったりした時間が
とても愛しい。
忙しい観光の合間にホッとできる。
c0088696_18142207.jpg
裏には足ツボ場もあり
観光で疲れた足も癒せます。

そのほかにも
義順牛奶公司のあったかい牛乳プリン。

空港では早めに着いて
チェックイン前に許留山でなにか甘いものを。

あと、私は中華ベーカリーのファンで
(Londonの中華街にもあるけど)
餅家のサインを見ると入らずにはいられない。
香港じゃいたるところにあるので
ちょっとづつ
クッキーやパイナップルケーキ
エッグタルトなどを
食べ比べるのも楽しみの一つ。

最後に
香港といえば百万ドルの夜景ですが
ビクトリアピークはお勧めしないなー。
ケーブルカーが込んでるし(行きも帰りも)
下から見るの十分な感じ。
c0088696_18121476.jpg
20時からのライトアップショー
シンフォニーオブライツ☆
アメリカ英語のコメンタリーに爆笑。
初めてなら一見の価値あり?!

こんなところかなー?
Aiちゃん、楽しんで来てねー。


[PR]
by mango55mango | 2015-10-23 18:44 | 旅はいいな | Comments(0)

ギリシャで演劇を見る!Part1

西洋演劇ってギリシャが始まりって
知ってた?

c0088696_17102696.jpg
パルテノン神殿から見下ろした
ヘロディス・アッティコス音楽堂。

地下鉄Acropoli駅から
パルテノン神殿に向かう途中に
今も使われている古代劇場
ヘロディス・アッティコス音楽堂があります。

その前を通ったときに
こんなポスターが目に留まりました。
c0088696_17102557.jpg
こないだLondonで見たばかりの
シルヴィ・ギエム!
ここで踊ったんだー。

と言う事はチケットを買えば
ここでなにかを見られるんだ!
しかも、こんな古代劇場で!
旅先でステージを観るの、大好きなんです。
ここでのポイントは
偶然演目を知って
偶然チケットも取れたってとこ。

いままで、いろんなところでいろんなステージを観たなあ。
コーンウォールのミナックシアターで「ラ・マンチャの男」
パリオペラ座でアレッサンドラ・フェリの「カルメン」
バルセロナの音楽堂ではクラシック音楽を聴いて寝ちゃったっけ。

c0088696_17102659.jpg
いっぱいポスターが出ていて
どうやら6月の初めから演劇フェスティバルをやっている模様。

早速このポスターの向かいに建っている
チケット小屋のお姉さんに聞きました。
が、残念ながらここ音楽堂では
日曜日にオペラのトスカが上演されるだけで
この日は何もかかっていないとのこと。
残念。

フェスティバルのブックレットをもらって
眺めていると
今日の日付で何かやっています。

南アフリカの劇団
Mies Julie(音あり)
と言う劇がPEIRIOS260と言うところで
やっているらしい。
しかも英語で上演されギリシャ語の字幕が付くとのこと。
これはちょうどいいんじゃない?

まずはこの劇場がどこか確認すると
お姉さんも行った事ないらしい。
アテネの郊外の工場を劇場にしたらしいんだけど
タクシーで10ユーロくらいじゃないかな、と。

ふーん、だったら行けそうだね。
チケットも最前列のど真ん中が1枚残っていて
しかも学生料金の15ユーロで手に入れることが出来ました。

と言うわけで
着いて早々知らない劇場で
演劇を観ることになりました。

つづく

[PR]
by mango55mango | 2015-07-08 18:56 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

ランチはアクロポリス博物館で!

c0088696_17240031.jpg
いい眺めでしょう?

パルテノン神殿を出て左に進むと
地下鉄駅とのちょうど真ん中くらいに
アクロポリス博物館があります。

ここのレストランからの眺めは最高!

c0088696_17240388.jpg
風が強かったので
中のテーブルにしましたが
テラスもあります。

c0088696_17240275.jpg
グリーンサラダとフレッシュのからすみですよー。
c0088696_17240206.jpg
からすみ、ねっとりと濃厚で
思わず白ワインを頼んでしまった。

c0088696_17240390.jpg
紙のランチョンマットが
パルテノン神殿をあらわしているのです。
水玉は柱のあったところ。
中は2部屋に分かれていたのですね。

1時過ぎに着いたら
長い行列が出来ていましたが
これはセキュリティーのためで
列の動きは早いです。
平日だったからか
レストランは割とすいていました。
レストランの入り口でチケット提示を求められるので
なくさないように!


[PR]
by mango55mango | 2015-07-06 16:27 | 旅はいいな | Trackback | Comments(2)

パルテノン神殿を訪れる際の注意点④ ~パルテノン神殿への行き方~

アクロポリスの丘周辺には遺跡がたっくさんありますが
まずはパルテノン神殿から攻めたい!
私は美味しいものは一番先に食べるタイプです。
まあ、それとは別に
パルテノン神殿のチケットで他の遺跡にも入れるからなんですけどね。
(結局学生証の威力でどこでもタダだったけど・・・)
他の遺跡でこの共通チケットを買えるかどうかは不明。
というわけで
着いて早々パルテノン神殿へ向かいました。

地図を見ましたが~・・・、
アクロポリスの入口ってどこ?
と思いませんか?
c0088696_22284951.jpg
今思えば左側の
黒線の囲みが途切れているところ
だとあたりはつくのですが
着いて早々は土地勘もなく
炎天下をうろうろ歩き回るのは
非常にしんどかったです。

右下のペンで囲ってあるのが
地下鉄のAcropoli駅なのですが(ぶれてて見にくくてすみません)
そこから歩いていって最初に見えるのが
Dionysous Theatreなので
おもわず無駄に行列に並びそうになりました。


《地下鉄ACROPOLI駅からパルテノン神殿への実況中継》!!!
(行かない人にはまったくどうでもいい情報だ!)

地下鉄のゲートを出ると出口がいくつかあります。
左側の出口にAcropolis Museumの表示があるので
そちらから地上に出てみました。
階段を上がっていった方向そのまま進むと
すぐに十字路に差し掛かります。
ここにもAcropolis Museumの表示が左折となっているので
このDionysiou Areopagitou通りを左折します。
緩やかな坂道を上がっていきます。
店も何にもありません。
観光地の門前には土産物屋がごまんとあるものでは?
ほんとにこっちかなー?と不安になります。

道の右側には木が茂っています。
その後ろに何か入口が出てきます。
ここかな?
名前も何も出ていません。
チケットを売る小屋の前には行列が。
ゲートの左側に官公庁のプレートらしきものがあり
そこにかろうじてDyonysus Theatreの文字が読めました。
あ、ここではないのね。
また、元の道に戻り坂道を上がっていくと
左手にモダンな建物が出てきました。
これがAcropolis Museumです。
冷房の効いているであろう建物内の誘惑に
負けそうになりながら
さらに進んで行きます。
右手に階段がありました。
登っていくと
どうやらこちらも劇場のよう。
c0088696_17102659.jpg
ヘロディス・アッティコス音楽堂でした。
ここの前にもチケット小屋があり
ここでチケット買うのかな~?と近づくと
Acropolis Tickets→(アクロポリスのチケットはこの先)
という張り紙がしてありました。
まだ先なのね。

今度は元の道に戻らず
そのまま矢印のほうに進んでいくと
右上に向かう階段と合流。
団体さんらしき人たちも階段を登って行きます。
そう、ここがアクロポリスの入口でした。

でも、これで安心してはいけません。
ゲート前の行列は
チケットを持っている人たちの行列。
左に下っていった売店の向かいの小屋が
チケットオフィスです。
ここでチケットを買う行列に並びます。


知っていれば地下鉄駅から
徒歩15分ほどでしょうが
結局30分くらいうろうろしてしまいました。

私が思うに
多分Acropolis Museumの下の
Chatzichristou通り(途中でRovertou Gkalli通りに変化)
を西端まで行って
アクロポリスの丘の左下から登っていくのが
王道なのではないかと・・・。
行ってないからわからないけど
お土産屋さんとかもいっぱいあるのかも?!
Plaka地区(地図でアクロポリスの右上)には
山ほどあったけどね、お土産屋さん。

要は上の地図上の▲マークが
丘への入口ということらしいです。
と言う事はMonastiraki地区からのアクセスも
可能と言う事ですね。
そういえばAncient Agoraに行ったときに
Acropolisはこちらという出口がありました。
Monastiraki地区はうろうろすると面白いので
土地勘が出来てからならこちらからアクセスするのも
楽しそうです。








[PR]
by mango55mango | 2015-07-05 16:13 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

パルテノン神殿を訪れる際の注意点③ ~学生証の威力!~

え?もう卒業したんじゃないかって?
だってぇ、学生証が何故か今月まで有効なんだものぉ。

というわけで、半額になるのを期待して
もちろん学生証を提示しました。
たまーに、学生証持っていても
何歳?
と聞かれ26歳以上だと割引にならなかったりするので
あまり期待せずに。

チケット売り場のお姉さん
学生証をジーっと見て
「EU?」
と聞きました。
何のことがわからず聞き返すと
「London?」
と聞かれたのでYesと言うと
Freeと書いたチケットをくれました。

私の行っていた大学は
大学の名前にLondonの文字が入っているのですが
どうやら
EU内の大学の学生証で入場が無料になるらしいのです。

そして、これは他の全ての遺跡でも有効!
博物館も無料でした!
ギリシャ太っ腹ー。
貧乏なのに・・・。

ギリシャでは学生証の威力
ハンパない!
忘れずに持っていくべし!

[PR]
by mango55mango | 2015-07-04 16:03 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)

パルテノン神殿を訪れる際の注意点② ~水は事前に買っておくべし!~

どーでもいいっちゃどうでもいい話です。


パルテノン神殿はアテネのど真ん中の
丘の上にあるのです。

え?常識だった?

なので、結構登るわけですよ、坂を。
そして、炎天下なわけですよ、6月でも。
気温は30度を超えるし
日陰は少ないし
乾燥してるし。

地下鉄の駅から入り口までも
結構登ります。
のどが渇きます。
チケット売り場から
入り口を見ると
さらにそこから上へと登らなければなりません。

ああ、お水がいるな・・・。

チケット売り場のお向かいに
Refreshmentとでかでかとうたった売店があります。
フローズンレモネードとか売ってて
おいしそう・・・。

お水を買おうと並んでいると
みんな考える事は一緒らしく
前の人たちも買っています。
「スパークリングしかないのよ。」
ふーん、そうなんだ。

しかして、そのお値段は


3ユーロ!!!

まあ、観光地ですしね。
仕方ありません。

2時間の見学時間のうちに
飲みきってしまいました。
暑かったんだもの~。

次にディオニソス劇場の見学に行きました。
パルテノンのチケットで入れるからです。
入ってすぐ左側にお水の自動販売機がありました。


35セント!?

わあ、ぼられた~!
8倍くらい?
その後、スーパーで見た安いのは22セントでした。
500mlのボトルのお話です。

お水は事前に買っておくか
ディオニソス劇場で買いましょう。
地下鉄の駅からパルテノンまで
ルートによってはお店皆無です。

悔しかった、というお話でした。
たった3ユーロですが、悔しいものは悔しい!
こういうのって値段じゃなくない?



[PR]
by mango55mango | 2015-07-03 03:53 | 旅はいいな | Trackback | Comments(6)

パルテノン神殿を訪れる際の注意点① ~朝イチで攻めるべし!~


さて、私がパルテノン神殿を観終わったのは
11時くらいだったでしょうか?

見て下さい!
c0088696_17240128.jpg
このチケット売り場にはこの行列!

私がチケットを買った(というかもらった)9時ちょい前は
この5分の1くらいの長さでした。
それでも15分くらいは待ったかな?

そして、このときの気温は30度超えています。
直射日光の下1時間も並びたくないですよねー。
中の見学も9時過ぎからでも暑すぎるくらいでしたし。
夏は朝8時から開いているそうなので
ここは朝一番で訪れる事を
強く、強くお勧めします。


[PR]
by mango55mango | 2015-07-02 00:51 | 旅はいいな | Trackback | Comments(0)