ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

買い物ゲーム

今日はSainsbury'sでお買い物。
というのも、nectar cardで、たまに割引券が送られてくるのだけれど、
いつもは30ポンド使った3ポンド引きというのがほとんどなのに、
今回は20ポンドで4ポンド引き!!!
20%Offってことじゃない。

いかに20ポンドちょいで有意義な買い物ができるか、
いつも買い物ゲームみたいで楽しいのだ。

くっだらないですが、何を買ったか見たい人はこちら。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-27 03:59 | London生活 | Trackback | Comments(0)

掘り出し物

c0088696_8522929.jpg


時期や場所はいろいろですが・・・。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-25 09:33 | チャリティーショップ & 蚤の市 | Trackback | Comments(2)

瓶に入った黄色い物体 ~手作り家具用ワックス~

c0088696_1716537.jpg


家具用のワックスを作ってみました。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-24 18:32 | 作ってみました | Trackback | Comments(0)

ついに届きました。~アンティークミシン~

c0088696_1526298.jpg


こんなに写真を入れたのは初めて・・・
[PR]
by mango55mango | 2010-03-24 15:53 | チャリティーショップ & 蚤の市 | Comments(2)

c0088696_19403331.jpg

昨日植えたお花たち。
ピンクとオレンジはラナンキュラス。
奥の青はヒヤシンス。
手前の黄緑のは白のヒヤシンス。
左手の黄色は去年の生き残りのプリムローズ。芋虫の攻撃から何とか生き残った猛者たちデス。
白のラナンキュラスも。

コンテナー二つに寄せ植えて、フェンスにかかっている。
窓の外が一気に春めいた。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-15 20:00 | London生活 | Trackback | Comments(4)

Brick LaneとColumbia Rd. Flower Market

夜勤明け、天気がよかったのでBrick Laneまでてこてこと歩き、日曜の朝のお楽しみ、ジャンク市を冷やかした。Brick Laneの北のほう、Cheshire St.やSclater St.沿いには日曜の朝のみ、ジャンクの蚤の市が出現し、売ってるものもピンキリ。でも、掘り出し物も多い。かつて、ここで、Cornish WareのC/Sをペアで3ポンドで見つけたり、鶏卵を取ってくるのに使われていたという、アンティークのバスケットを2ポンドで買えたり、なかなか侮れないのだ。明らかに盗品とわかる、自転車の部品屋や、野菜を売るストールも軒を連ね、楽しい!が、今日はめぼしいものはなし。ガラクタを入れてあるダンボールに、名刺入れにどうかな?と思うシガーケースを見つけたが、私は名刺持ってないし。50’sって言ってた、昔懐かしい二股フォークのセットも魅かれたけど、使わないしな~。
相棒に電話をして起こし、朝食を一緒にとることに。時間つぶしに、さらにぶらぶらしていると、Brick Laneの老舗古着屋RokitのとなりにあるJank屋でふと目に留まったもの。ギャー、以前からずっとほしかった、あれじゃない!!!でも、他のおっちゃんが値段交渉中。どきどきしながら、聞き耳を立てる。でも、どうやら、配達の話になり、かなり重いこの品。彼の家はリフトなしの3階とのことで、考えるわ・・・と行ってしまった。チャーンス!!!言い値の80ポンドで即購入!月曜日か水曜日に配達してくれるとのこと。リフトつきのフラットでよかった!詳しくは、届いたらお見せします。
その後、相棒とClombia Rd. Flower Marketで落ち合い、大好きなタパスレストランLaxeiroで朝ごはん。Dinnerは予約なしではなかなか入れない小さい小さいレストラン。朝も大繁盛だ。ここのカプチーノは濃くっておいしい。朝食は初めてだったけれど、シンプルながら、素材の味を生かしたメニューで、なかなかだった。私はセラーノハムのサンドイッチ、彼はチョリソーと目玉焼きの乗ったトーストを食べた。
その後、フラワーマーケットで、ベランダに植える花を購入。
ラナンキュラス・・・4株で5ポンド
ヒヤシンス・・・3株で2.5ポンド
ジャスミン・・・1鉢5ポンド
を購入。帰ってから早速植えた。ベランダに放置してあった、クリスマスツリー(ギャー、勘弁して!)もカットして捨てたし、一気に春らしくなり、満足。今年はまた紫蘇を植えるかな?
[PR]
by mango55mango | 2010-03-15 08:57 | Londonのちょっといいとこ | Trackback | Comments(0)

つーかーれーたー。

今日も病棟は1Downの人員不足。
しかもF-gread不在で4時からチャージだったし…。
明日も、あさっても仕事だ。
ふう。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-10 08:00 | 病棟の毎日 | Trackback | Comments(0)

CoffeeとManuka Honey Cake

土曜日のお出かけについて書いたのだが、間違って消してしまった。長々とがんばって書いたのにショック!!!
HigginsのCoffeeとSelfridgesで買ったDaylesfordのManuka Honey Cakeについてでした。くぅぅぅ…悔しい…。もう、書く気がしない…。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-09 07:20 | おいしい | Trackback | Comments(0)

人員不足

昨晩から今朝にかけて夜勤だった。
夜勤は20時から朝の8時半まで。
普段はNeuro HDU(High Dependency Unit)の10床を4人のスタッフで見ているのだが、昨日は1Downの3人だった。
職員でまかなえないときは、病院内にあるStaff Bankという部署に登録している看護師をまわしてもらうのだが、時々どうしても見つからないときがあり、たりないスタッフで看なければならないときがある。昨日がそれだった。
一緒に働いたのはジンバブエ人のLenとFati。Lenは中年男性でとってもソフトなベテランだが、仕事が丁寧な反面、のろい。Fatiは看護師になって4ヶ月の新人だ。
日勤の終わりに患者が一人亡くなっており、家族との連絡が取れず、死後の処置が残されていた。
そして、これも日勤の終わりから、28歳女性のSubdural Haematoma(硬膜下血腫)の患者が暴れだしていた。AA(アルコール中毒)患者でWithdrawalのプログラム中であり、手の震せんから見るに、アルコール濃度の急激な効果による譫妄のようだったけれども、血腫の増大も否定できず、WithdrawalプログラムのDiazepamを投薬するべきかどうか、微妙なところ。
と、まあ、とにかく、シッチャカメッチャカなスタートだったのだ。
Fatiもがんばったし、私もチャージ(リーダー)のLenにSubduralの患者を任せて、患者を4人看てがんばった。
実はイギリスで働き出してから、死後の処置に当たったのは初めて。日本とは処置自体はそう変わらないけれど、こちらでは詰め物などはせず、Shroudという着物を着せて、シーツをかけて、ポーターが運んでいく。ナースがお見送りをすることはまずないらしい。病院にBereavement Officeという部署があり、死後の事務処理や、残された家族の心理サポートなどを請け負っている。
国が変われば、いろいろと違うものだ。
[PR]
by mango55mango | 2010-03-08 20:15 | 病棟の毎日 | Trackback | Comments(0)

怒涛の年末年始

あ~、また久しぶりの更新になってしまった。
なんと昨年は6回しか書き込みをしていない。
こんなんでBlogをやっている意味があるのだろうか?
もともとは、日本にいる両親や、友人に、元気でいることをさりげなく発信するのが目的だったのだが(自分から元気だよ~、といわずに、向こうが気が向いたときにどうしてるかな~と確認できるのが好ましかった)、その意味もSkypeで連絡を取るようになったりして、あまり意味を成さなくなってきた。
純粋に、記録として残すには、更新が少なすぎる。
というのも、忙しくなると、ついつい後回しにしてしまうから。
ブログのトップページをHomeにしたりして、PCが立ち上がったら、必ず見るようにしても、だめだった。
そういえば、昔から日記も3日坊主だったのであった…。

それでも、Blogをやっていたからこその出会いが、いくつかあり、とても感謝しているのも事実。
トコトコブラブラのMokoちゃんから、LondonにすむNurseたちの輪が広がって、いまでは、彼女たちなしにここにいるなんて考えられない。
同じような時期に渡英して、同じようにSupervised Practiceで苦しみ、就職してからも職場こそ違ったけれど、同じような悩みを抱えながら戦ってきた、いわば同志たちだ。

そして、Strawberry Vanilla CreamのSaoriさんには、Irishのパートナーのことで悩んでいたときに、直接メールでやり取りをさせていただき、いろいろとアドヴァイスをいただいた。兄弟が多く、密な親族、友人関係を保つIrishたちの中で、2人のかわいいお子さんを育てながら、たくましくイギリスで生活されている姿に(まだお会いしたことはないのだが)いつも励まされている。

ろんどんらいふのMappetさんとは、一度だけSHIGETAのセミナーでお会いしたことがあるのだが、いつも美しい写真にやられっぱなし。密かに憧れのBlog。
彼女のように、美しい写真を載せることもかなわず(そもそも撮れないし)、時々コメントをいただく、海外でNurseとして働きたいと思っている方々に役立つような情報をと思っていても、なかなか仕事自体に疲れていて、書こうという気になれないでいる。

まあ、そんなBlogではあるけれど、こうやって、ほんのたまに書こうという気になるので、残しておきたいのです。ぜんぜん、役に立つ情報もなく、きれいな写真もないけれど、たま~にUpされていくことでしょう。

今まで何をしていたかというと…
[PR]
by mango55mango | 2010-03-04 18:07 | 考えたこと | Trackback | Comments(2)