ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

イギリスの理学療法 ~Physiotherapy in London?~

Nursingとはちょっと違いますが

先日の鍼のコースで会ったPhysiotherapistPT)のことについて

ちょっと書きたいと思います。


日本のPTはほぼ病院勤務だと思いますが

こちらではちょっと変わった勤務先があります。

プロスポーツのチームです。

メジャーなところでは各サッカーチームやラグビーチームには

必ず専属のPTがいます。

大きなバレエ団やダンスカンパニーにも必ずいます。

うちの相棒が所属する

アマチュアのラグビーチームにもPTがいて

テーピングだの

マッサージだの

と色々世話を焼いてくれています。

スポーツをする人には至れり尽くせりですねー。


さて、鍼のコースでは

ペアになってお互いに施術しあったのですが

私のパートナーは20歳代の

若いイギリス人のフレッドという男の子でした。

色々話すうちに

彼の将来設計がすごく面白いことに気づきました。


彼の雇用形態からして面白いんだけど

こちらはNHS(国営病院)とプライベートが

はっきり分かれているでしょう?

でも、彼はそのどちらにも所属していなくて

Self employeeだって言うのです。

こちらでは、看護師にもいるけど

派遣を専門にしている医療者が結構いて

彼もプライベートの派遣会社に登録して

あちこちのクリニック(主にNHSの)に

サブコントラクターとして出向いていると言います。


で、今はSports PhysioMSc(修士過程)をしている最中で、

それが終わったら、なんと

ケニアに行くというのです。

というのも、彼が最終的にやりたいのは

陸上競技選手のPhysio

ケニアが陸上で強いのはご存知の通り。

向こうのPhysioの実情を見に

自費で12年むこうで修行してくるそうな。

サッカーやラグビーは競争率が高すぎるけど、

陸上ならまだ隙があると思うし、

自分も走るから・・・と言っていた。


日本ではまだまだPTの活躍できる道が

限られていると思うけれど

興味のある方はフレッドのように

海外で学んでみるのも

面白いかもしれません。


そうそう、フレッド曰く

サーカスにもPTがいるらしく

サーカスにおけるPhysiotherapyについて

修士論文をしてる人がいるらしい。

ほんと、面白いなー。


[PR]
by mango55mango | 2014-12-11 01:57 | Nursing | Comments(2)
Commented by Saori at 2014-12-12 20:09 x
夫の姪っ子がフィジオで、やっぱりプロのラグビーチームで働いてたよ~
今はもう辞めたのかな?東ロンドンの病院で働いてるので、先日そっち方面に家も引っ越しちゃったんだ。
サーカスにもフィジオがいるなんて知らなかったのでびっくり!
こっちの人って自分のキャリアや夢の為に海外にもよく出向くし、自分のお金をもよく使うよね。
そういうところってやっぱり日本で働く日本人とはちょっと違うかなぁ、、、と思います。どうなのかしら?
海外に出てきている日本人だともうちょっと積極的な気がするけど。
mangoちゃんも着々と自分のキャリアアップを目指していてすごいよ~刺激受けます^^
Commented by mango55mango at 2014-12-16 19:34
Saoriちゃん
Physioの方々は雇用形態がほんと自由で羨ましくなっちゃいます。ラグビーチームなんてすごいね。すごい競争率らしいよ。
キャリアアップというよりはキャリアチェンジに向けて画策中よ。もう、ちょっと、Nursingに疲れてきちゃった・・・。
<< イギリスの卒業式 イギリスでは看護師が鍼灸師にな... >>