ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

イギリスの卒業式

c0088696_02185547.jpg
そうそう、すっかり書くのを忘れていましたが
卒論が無事パスして
こちらの大学を卒業しました!!!
もう7月の話です。
すみません。
すっかり忘れてた。

卒業式はちょうど結婚式の3日後だったので
両親やいとこに叔母まで参加してくれました。
結婚式を契約する前に
卒業式と重なったらヤダナーと思って(平日の結婚式だったので)
大学に日にちを確認したけれど
まだそのときは7ヶ月も前だったので
日にちは分らなかったのよねー。
重なったら仕方ないなー
と結婚式を予約しましたが
ラッキーでしたー。
c0088696_02194985.jpg
卒業式はBarbican Centreの中の
劇場で行われました。
ご覧の通り超盛大でしたよ。
卒業生は身体科学系の学生だけだったのですが
400人くらいいたようです。
ステージの両横には大きなスクリーンがあって
各卒業生の顔が映し出されます。

c0088696_02191410.jpg
海外ドラマでお馴染みの
例の帽子とガウンも着ましたよ。
もちろんレンタルです。
30ポンドくらいだったかな?
学校と身分(学士、修士、博士)によってデザインが微妙に変わります。

チケット制で
家族を招待するには一人当たり25ポンドもする
チケットを買わなくてはなりません。
はじめは両親だけの予定で予約しておいたのですが
当日、いとこと叔母も見てみたいとのことで
会場で聞いてみたら
当日券がありました。

式の後はシャンパンレセプション。
チケットにはドリンク1杯の値段が含まれています。
レセプションでは
Module Leaderのイトカ先生がわざわざ探しに来てくれて
少しお話しすることが出来ました。

私のやっていたBSc Nursing Studyと言うのは
Diplomaをもったナースが
自分のペースで5年以内に単位をとって
その合計で卒論まで行くというもの。
どの順序でクラスをとって行くかは個人任せなので
俗に言うクラスメイトと言うのはいませんでした。
それでも最後の3Modulesが一緒だった
ミシェルと思いがけず会えて
お互いの健闘を称えあえたのも
嬉しいサプライズでした。

更に彼女も最近婚約したんだー
と報告され
私は先週結婚したんだー
なんて報告し
お互い笑っちゃいました。
結婚式の費用をストレートに聞かれたのには苦笑い。
みんな苦労してるんだね。

最後に
これからこのガウンを着て卒業される方は
安全ピンを3つ持って臨まれることをお勧めします。
この黄色いフードみたいなの
これ、ガウンとは別物で
上から被るんですよー。
ネクタイをする男子はそこに挟んで収まりが良いけれど
ドレスの女子には首を絞めるもの以外の何物でもありません。
幸い叔母がピンを持っており
ドレスに留めていい具合にステージに上がりましたが
結構みんな苦労してました。
胸元と両肩をピンで留めると
綺麗に決まります。
服装自体はそこまでフォーマルでなくても大丈夫そうでしたよ。
男子はタイ着用
女性はワンピースか綺麗めのシャツとボトムでOK。
観覧の人々はそれぞれでしたねー。
ジーンズの人もいたけれど
そういう人はきちんとしたジャケット合わせてましたね。
スニーカーはNGですねー。
ちなみに
私は結婚式の翌日に着た
Vivienne Westwood red labelの
コットンドレスに
これまた結婚式で履いた
HOBBsのサンダルでした。

式に出なくても卒業は出来ますが(出るのにお金かかるしね)
思った以上に楽しかったので
お勧めです。


[PR]
by mango55mango | 2014-12-13 08:11 | 勉強 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/23193334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< さかな イギリスの理学療法 ~Phys... >>