ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

Taken at Midnight@Theatre Royal Haymarket

c0088696_20122678.jpg
先週末、久しぶりに劇場に足を運びました。
Taken At Midnight
主演のペネロープ・ウィルトン
どこかで見覚えがあると思ったら
大大大好きなコメディーShaun of the Deadのお母さん役でした。

何の下調べのせずに行ったら
ナチスの話でちょっと面食らったけど
すごく良かったです。
後で調べたんだけど
こんな早い時期から反ヒットラーを掲げていた人が
ドイツにもいたんですね。
1929年からの裁判で
ヒットラーをタジタジに追い込んだ弁護士の
ハンス・リッテンのお話でした。

2011年にはBBCでリッテンの生涯を描いた
The Man who cross Hitler
というドラマも放映されたそうです。









5年間にも及ぶダッハウ強制収容所での
連続的な拷問にも信念を曲げなかったその強さは
どこから来ていたのでしょうか?

裁判の後、ヒットラーの復讐を恐れて
国外に逃れる事を友人たちに進められても
国内に残って活動を続けた。

その息子を救い出そうと
ひたすらナチスに働きかけ続ける母親。

自殺の直前に
やっと面会がかなった母親が息子に語りかける。
「もう、勇敢でなくていいのよ。」
それを振り切るように
かつて勇敢に戦った裁判での回想に入り込んでいく息子。

久々にいい劇を見ました。



[PR]
by mango55mango | 2015-03-03 20:12 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/23606739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 外国人と行く日本~ニセコの遊び... 外国人と行く日本~ニセコでスキ... >>