ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

Milk-fed Lamb~乳飲み子羊~

c0088696_11372209.jpg
どーでもいい話題なのですが・・・。

友人宅で↓の子羊の話をしていたら
これくらいの子羊を食べるらしい
という話になりました。

生後4週間から6週間くらいの
乳離れしていない子羊を
Milk-fed Lambというらしく
フランスやスペインでは
春の風物詩となっているらしいです。

イギリスではあんまり見たことがなく
何でかなーと思っていたら
Wikiにこんな一文が。
アメリカやイギリスでは
ミルクフェッドラムの生産は非効率的と考えられているためほとんど入手できない
そうな。

そういわれると食べてみたいなー。
って、あのかわいこちゃんをみた後言う私って・・・。
でも、おいしいんだろうなー・・・。
普通のラムよりさらに臭みがなく
色も淡いピンク色らしいよ。




相棒に子の話をしたところ
口論になってしまった。
というか、彼の偽善っぷりにびっくり。

確かにはじめは
6週間の羊を食べるなんて
肉はちょっとしか取れないしばかばかしいほど非生産的だよ
といっていたのですが
そのうちに「かわいそう・・・」という言葉が。

しかーし、相棒は
以前鯨のことで口論となったときに
「羊や牛は食べるのを前提に飼育されたもの。
そこが鯨を食べるという事と違う。」
と言っていたのだ。
さらに、羊に関しては
「あいつら馬鹿だからなー」
とか言ってたくせに!!!
そのときは子供の頃から身近で見てる人が言ってるんだから
と思って聞いていたのに
ここにきてその「食べるために」繁殖された子羊を
「かわいそう」と言い出しやがった!!!
ちなみに、義父の農場は肉牛・肉羊の農家です。
乳牛などは一切なし。
トラックで運ばれていく様は
まさにドナドナ~ですよ。

まあ、たしかにあのかわいいラムちゃんたちを見たら
「かわいそう~」って思うのが
人情だけれども!!!
彼の言い分は
気候のいい夏を知らずに
おいしい草をたらふく食べずに
殺されるなんてかわいそうってことらしい。
でも、どっちにしろ殺されちゃうわけだよねー。
そのために繁殖させたわけだよねー。
現代においては
食は空腹を満たすためだけではなく
いろんな味を楽しむという意味合いが強いはず。
だったら非生産的でも
かわいそうでも
こういったものがあるって言うのは
否定できないと思うんだけどなー。

なんか、どうでもいいんだけど
だんだん興奮してきて
挙句の果てに口論に☆
おばか~。
「かわいそう」だけれども!
目の前に出されたら
絶対おいしく頂くんだぜ☆

みんな、どう思う~?

[PR]
by mango55mango | 2015-03-30 11:07 | おいしい | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/23724760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Hokky at 2015-03-30 22:37 x
食べてみたいって思うけどな。
子羊を自分でさばけと言われたら切ないけど、ジビエの国の人達が絶賛している春の味覚なんでしょー。気になる。
ブロイラーやってる叔父さん、鶏肉食べられないけど…生産者でも分かれそうだよね。
Commented by mango55mango at 2015-04-01 18:28
Hokky
ねえ!思うよねー。
相棒のうちは牛も羊もおいしく食べてます。
<< Turkish wedding... アイルランドは子羊ちゃんだらけ! >>