ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

ギリシャで演劇を見る!Part1

西洋演劇ってギリシャが始まりって
知ってた?

c0088696_17102696.jpg
パルテノン神殿から見下ろした
ヘロディス・アッティコス音楽堂。

地下鉄Acropoli駅から
パルテノン神殿に向かう途中に
今も使われている古代劇場
ヘロディス・アッティコス音楽堂があります。

その前を通ったときに
こんなポスターが目に留まりました。
c0088696_17102557.jpg
こないだLondonで見たばかりの
シルヴィ・ギエム!
ここで踊ったんだー。

と言う事はチケットを買えば
ここでなにかを見られるんだ!
しかも、こんな古代劇場で!
旅先でステージを観るの、大好きなんです。
ここでのポイントは
偶然演目を知って
偶然チケットも取れたってとこ。

いままで、いろんなところでいろんなステージを観たなあ。
コーンウォールのミナックシアターで「ラ・マンチャの男」
パリオペラ座でアレッサンドラ・フェリの「カルメン」
バルセロナの音楽堂ではクラシック音楽を聴いて寝ちゃったっけ。

c0088696_17102659.jpg
いっぱいポスターが出ていて
どうやら6月の初めから演劇フェスティバルをやっている模様。

早速このポスターの向かいに建っている
チケット小屋のお姉さんに聞きました。
が、残念ながらここ音楽堂では
日曜日にオペラのトスカが上演されるだけで
この日は何もかかっていないとのこと。
残念。

フェスティバルのブックレットをもらって
眺めていると
今日の日付で何かやっています。

南アフリカの劇団
Mies Julie(音あり)
と言う劇がPEIRIOS260と言うところで
やっているらしい。
しかも英語で上演されギリシャ語の字幕が付くとのこと。
これはちょうどいいんじゃない?

まずはこの劇場がどこか確認すると
お姉さんも行った事ないらしい。
アテネの郊外の工場を劇場にしたらしいんだけど
タクシーで10ユーロくらいじゃないかな、と。

ふーん、だったら行けそうだね。
チケットも最前列のど真ん中が1枚残っていて
しかも学生料金の15ユーロで手に入れることが出来ました。

と言うわけで
着いて早々知らない劇場で
演劇を観ることになりました。

つづく

[PR]
by mango55mango | 2015-07-08 18:56 | 旅はいいな | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/24340191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-08-08 13:06
タイトル : セルバンテス『ドン・キホーテ』の冒険の舞台の風車群
ラ・マンチャLa Mancha 「ラ・マンチャ」とは、マドリードの南に広がる風が強く標高の高い地域の平原です。スペインを代表する作家セルバンテスの代表作『ドン・キホーテ』の主人公の数々の冒険の舞台となり世界的に知られていいます。... more
<< ギリシャで演劇を見る!Part2 Jazz @ Newingto... >>