ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

退院祭り!

久々に昨日の日勤は
ものっすごく忙しかった。

受け持った5人のうち
一人死亡
二人退院
一人転院
そのあとに
ベッド移動を二人して
術後患者を二人受け入れた。
さらに学生一人の面倒もみなくちゃいけなかったのだ。

患者さんはend of life careにのってた92才の人だったので
亡くなるときにバタバタはしなかったのだが
死亡退院自体が超久々で
policyと首っぴき。
学生に説明しなきゃだから
間違ったこと教えらんないし。
死後の処置に時間かかったあ…。

そして、一人の退院患者は
discharge loungeに行くのを渋るし!
大きな病院には退院患者専用のラウンジがあり
送迎車の手配
TTA(退院薬)の手配
を引き受けてくれる。
看護師も常駐。
この患者、TTAは用意できてたのに
家の鍵がないと言う。
同居の母親は病院の予約があって
いつ帰るかわからないと言う。
28才の男子が母親がいないと帰れないって…。
何時間も椅子に座って待つのは嫌だと言ってごねるのだ。
Discharge loungeにはリクライニングチェアもあるから
と説き伏せて
なんとか送り出す。

そこに13時予定のアンギオのお迎えが11:30にやってきて
なんにも用意できていなかったし。
ぜんぶ、チェックリストも
お迎えの人がやってくれるという。
それだけ目が血走っていたのかな?!

甲状腺全摘出の術後の患者は
吐きまくるし
口蓋の裂傷の術後はその日のうちに退院するっていうし、
転院は夕方16時に突然きまるし!!!
もう、シッチャカメッチャカ!
細かいミスも多くて
自分のフォローにまたイライラ。
悪循環…。







[PR]
by mango55mango | 2016-04-20 20:01 | 病棟の毎日 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/25531424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今日の私~Vintage Ca... spanish breakfa... >>