ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

ナースな英語

OSCEに無事受かって
Supernumerary(先輩について働く、定員に含まれない)も終え
一人立ちを始めたジューンを見ていると
自分の働き出した頃を思い出します。

ナースとして体は動くけれど
英語がぜんぜんつたなくて
電話一本とるのにもビクビクしていたっけ。
ドクターたちは早口なので
指示を受けるのにもドキドキしてた。
なるべくナース以外のスタッフとは
関わらないように
避けまくってたなあ。
患者さんも英語の通じない人や
意識のない人だと
ホッとしたりして。

そこへいくとジューンは
フィリピン人で英語はほぼネイティブ。
自国で2年弱のナース経験もあるので
自信無さげながらも
サクサクとこなしているようす。
頼もしい!

というわけで
どんなに自分が英語で苦労したか思い出したので
これからイギリスの病院での
日常英会話をピックアップして
いこうかなと思い
新しくカテゴリーをつくります。
題して
「ナースな英語」!
どうでしょう?

どんな場面の会話が知りたいか
コメントしてくれたら
嬉しいです。




[PR]
by mango55mango | 2018-06-29 18:36 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/29604778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 渡英前の英語のレベル イギリスで看護師になる 朗報! >>