ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

久々にダメダメなイギリス体験 Part 2

ダメダメが続くときは続くもので
今日もイギリス的な体験をしました。

近所のトルコ系食料品店で食材を買いました。

c0088696_07384507.jpg
タイグリーンカレーを作るのに買った材料は
次の6つ。
なす
ココナッツミルク
パクチー
オクラ
ニンニク
しょうが

オクラは副菜用にゆでておかかあえにしようと思って。

対して、買った時のレシートがこれ。
c0088696_07405783.jpg
どんだけ買ってんの?って話ですよ。

個人のお店では量り売りが基本で
品物を秤において
レジのボタンからそれが何なのか
選ばなくちゃいけないわけですよ。
ふだん見かけない若い男の子は
新人なのか
スキャンしては訂正して
というのを繰り返していたので
一応念のためレシートをもらったわけですよ。
最近は言わないとくれないから、レシート。

でも、その場でレシート見ても
どれが間違いで
どれが買ったものか
よくわからなかったの。
間違いが多すぎて!

家に帰って鉛筆で
正誤を合わせた結果

Aubergine(なす)
Okra
Ginger
は書いてある通り合ってますね。
その他はGroceryとなっていて
どれがどれかはわからないけれど
Void(無効)にされているのを除くと
残り3つなので
合っているか?!

でも、さらにここからがイギリスです。

お会計3ポンド61ペンスとなってますね。
私は
20ポンド札1枚と
71ペンスを渡しました。
10ペンスコインがなかったら
50ペンスと20ペンスと1ペンス。

レシート上では
20ポンド払って
おつりは16.39ってなってますがな。

いやいや
コイン渡したでしょって!!!

男の子はよくわからなくなったらしく
隣のレジの女性を呼んで
彼女が
「いくら渡したの?」
と私に聞いてきました。
で、結局17ポンド10ペンスのおつりをもらったわけですが
このやり取りの間も後も
一切謝罪ないですからね。

こっちの人って
すぐに計算できない人が多いのです。
レジでおつりの計算がすぐに出なかった昔は
足し算式でおつりを渡されることがほとんどでした。
つまり、極端な例で言うと
3ポンドの買い物に5ポンド札を渡したら
1ポンドずつ手のひらに渡されて
4ポンド…5ポンド、ね。
って3ポンドに1ポンドずつ足して5ポンドを確認していたわけ。
すぐに引き算できないんですね。


昨今はレジにもらった金額を打ち込むという行為が
一般的になったため
おつりが計算されるようになったけれど
打ち込みがそもそも間違ってたら
意味ないじゃん!

ま、先日の銀行の話に比べれば
些細なことですが
とってもイギリスっぽいなーとも思って。

銀行からはまだ連絡ありません。
ほんとに8週間かなあ・・・。

イギリスってこんな国なのですよ。


[PR]
by mango55mango | 2018-07-25 08:00 | London生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/29642251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Twitter始めました。 久々にダメダメなイギリス体験 >>