ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

バイタルサイン

バイタルサインという言葉
実はイギリスではあまり日常的には使わないんです。
本の中には出てきますが
病院の中の会話ではほとんど聞きません。

では、イギリスの病院では血圧、脈拍などの
生きている兆候(笑)を総称して
何と言っているのか?


Observations (オブザベイションズ)

略して

Obs(オブズ)


という言葉を使っています。

それぞれを英語でどういうのかは
Tweetしています。



さて、こちらがそのObservation Chart 
略してObs Chart
俗にいう体温板です。
(板ってまだ言うのかな?表?)
表紙には普通に
名前とHospital Number(病院の登録番号)
病棟名、体重、主治医のチームの呼び出し番号などを書きます。
c0088696_22441097.jpg
三つ折りになっていて
中を開くと
まず左には緊急度をスコアで示す
NEWS scoreというのの説明があります。

c0088696_22460991.jpg
上から、呼吸数・・・Respiratery Rate
酸素飽和度・・・SpO2
酸素をいっている場合は量を書いて
体温・・・Temperature
c0088696_22474523.jpg
そして、血圧・・・Blood Pressure
もし普段の血圧より20mmHg下がったら
医師の判断を仰ぎ
40mmHg以上下がったら
すぐに助けを求めなさい
とありますね。
LとSというのは
時々医師の指示で
臥位と立位の血圧両方を測るよう
指示があるからです。
c0088696_22494764.jpg
心拍数・・・Heart Rate
正確には普段は脈を診るのでPulseですけど
心電図モニターを常時つけている科もあるので。
c0088696_22501562.jpg
下は意識レベル・・・Level of consciaousness
血糖値・・・Capillary blood glucose
NEW Score・・・これはいつか別にお話しします。
疼痛スケール・・・Pain score
便のスコア(というものがある)・・・Bowel socre
日々の体重・・・Daily Weight
となっています。

c0088696_22510044.jpg
これをだいたい普通の患者さんは
4時間おきくらい
急性期の患者さんは1-2時間おきに。
このほかにも
脳神経外科用のGlasgow Coma Scale Observation chart
静注/硬膜外の痛み止めを使っている患者さん用の
PCA(Patient Controlled Analgesia)/Epidural Ovservation chart
というのもあります。


by mango55mango | 2018-08-13 20:06 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nurselon.exblog.jp/tb/29686127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< バイタルサインの異常を英語で報告する ナースコール >>