ブログトップ

ナースなロンドン ~Nursing in London~

nurselon.exblog.jp

カテゴリ:ナースな英語( 10 )

バイタルサインの異常を英語で報告する

Twitterではバイタルサイン測定時の
患者さんとのやり取りを
Tweetしていますが
ここではもう一歩進んで
バイタルサインの異常をDr.に報告する
という英会話をしてみましょう。

患者さんのバイタルサインが以下の通りだったとします。
BP 134/66mmHg P 67bpm RR 28bpm  SpO2 93% Temp 37.2c

呼吸数と飽和に異常が見られますね。
電話で医師に報告します。
ちなみにbpmは beat per minute と breath per minute の略。

Dr. Hello, Ortho SHO.
Ns. Hello, this is a staff nurse from Nightingale ward. Are you the Dr. looking after Mr. P?
Dr. Indeed. How can I help?
Ns. His Resp Rate is elevated and Saturation is 93%. He become very wheezy.
Dr. How many is the Resp?
Ns. 28.
Dr. How are the other obs?
Ns. The other obs are fine. Just 37.2 for temperature.
Dr. OK. Put him on 5L of oxygen. I'll be there right away.

医師 ハロー、整形のジュニアDr.です。
看護師 ハロー、ナイチンゲール病棟のスタッフナースです。Mr. Pの受け持ちDr.ですか?
医師 そうです。どうしました?
看護師 彼の呼吸数が上がっていて、飽和度も93%なんです。ゼイゼイしています。
医師 呼吸数はいくつですか?
看護師 28です。
医師 ほかのバイタルサインはどうですか?
看護師 ほかは大丈夫です。熱が37.2度なだけですね。
医師 OK. 5リットルの酸素をあげてください。すぐに行きます。

Ortho(オーソ)は整形外科Orthopedicの略です。
SHOというのはイギリスの医師のランクで
Senior House Officerの略。
ジュニアドクターのことをこう呼びます。
つなけて”オーソエスエイチオー”と発音します

Wheezy(ウィーズィー)は喘鳴を表現する形容詞で
医学用語ではStridor(ストライダー)と言ったりします。


電話でこれだけのことを報告するのに
初めのころはほんとに緊張しました。
対面で話すときとはまた違うんですよね。


日本で看護師をしていた時には
あまり呼吸数を記録していた
という記憶がないのですが
今はどうなんでしょう?

こちらでは
前回のポストで出した通り
Resp RateはObs Chartの一番最初に記録する項目です。
c0088696_22474523.jpg
心肺蘇生のコースを2年に一回受けるんですが
心肺停止に至るまでのバイタルサインの変化で
最初に変化がみられるのが呼吸数ということで
こちらでは非常に重要視されている項目です。
患者さんの前に立って
無言で1分数えるって言うのも
なかなか変な感じなんですけどね。



[PR]
by mango55mango | 2018-08-14 17:11 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

バイタルサイン

バイタルサインという言葉
実はイギリスではあまり日常的には使わないんです。
本の中には出てきますが
病院の中の会話ではほとんど聞きません。

では、イギリスの病院では血圧、脈拍などの
生きている兆候(笑)を総称して
何と言っているのか?


Observations (オブザベイションズ)

略して

Obs(オブズ)


という言葉を使っています。

それぞれを英語でどういうのかは
Tweetしています。



さて、こちらがそのObservation Chart 
略してObs Chart
俗にいう体温板です。
(板ってまだ言うのかな?表?)
表紙には普通に
名前とHospital Number(病院の登録番号)
病棟名、体重、主治医のチームの呼び出し番号などを書きます。
c0088696_22441097.jpg
三つ折りになっていて
中を開くと
まず左には緊急度をスコアで示す
NEWS scoreというのの説明があります。

c0088696_22460991.jpg
上から、呼吸数・・・Respiratery Rate
酸素飽和度・・・SpO2
酸素をいっている場合は量を書いて
体温・・・Temperature
c0088696_22474523.jpg
そして、血圧・・・Blood Pressure
もし普段の血圧より20mmHg下がったら
医師の判断を仰ぎ
40mmHg以上下がったら
すぐに助けを求めなさい
とありますね。
LとSというのは
時々医師の指示で
臥位と立位の血圧両方を測るよう
指示があるからです。
c0088696_22494764.jpg
心拍数・・・Heart Rate
正確には普段は脈を診るのでPulseですけど
心電図モニターを常時つけている科もあるので。
c0088696_22501562.jpg
下は意識レベル・・・Level of consciaousness
血糖値・・・Capillary blood glucose
NEW Score・・・これはいつか別にお話しします。
疼痛スケール・・・Pain score
便のスコア(というものがある)・・・Bowel socre
日々の体重・・・Daily Weight
となっています。

c0088696_22510044.jpg
これをだいたい普通の患者さんは
4時間おきくらい
急性期の患者さんは1-2時間おきに。
このほかにも
脳神経外科用のGlasgow Coma Scale Observation chart
静注/硬膜外の痛み止めを使っている患者さん用の
PCA(Patient Controlled Analgesia)/Epidural Ovservation chart
というのもあります。


[PR]
by mango55mango | 2018-08-13 20:06 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

ナースコール

c0088696_03173582.jpg
こちらがうちの病院で使われている
ナースコール。
スピーカーと思しき穴がありませんね。
そう。
こちらのナースコールは
単なるブザーであり
ナースステーションにいるスタッフと
話せる機能はついていないのです。

さらに言えば
どの患者さんが呼んでいるのは
部屋の前の天井に付いている
ライトで見分けるので
廊下を見渡してみないと
誰が呼んでいるのかもわからない。
さらにさらに
4人部屋だと
部屋に入ってヘッドボードの上の
ライトがついているのを見ないと
誰が呼んでいるのかわからない。
とっても原始的なんです。

誰かがボタンを押すと
病棟中にブザー音が響き渡ります。
どこのベッドの患者さんが呼んでいるかくらいは
わかるシステムがあるのかもしれないけれど
うちの病院にはありません。

さて、このナースコール。
英語ではA nurse callとは呼びません。
いや、A nurse call button/buzzerとは言いますが
それは上の写真のボタンのことであり
日本のように患者さんが看護師を呼ぶことを
ナースコールとは言わないのです。
日本では
「○○さんからのナースコール」
って言いますよね。
こちらでは単に
「Mr.○○ is calling.」または「buzzing」
もしくは「Mr.○○ needs a nurse」
と言ったりします。

Mr. P press a buzzer.
Nurse: Hi. Did you call a nurse?
Mr. P: Yes, nurse. Could you give me a painkiller?
Nurse: Certainly. Where is the pain?
Mr. P: The wound.
Nurse: OK, you took Paracetamol some time ago, so I will give you codeine.
Mr. P: Thanks, nurse.

Mr. Pがナースコールを押した。
ナース:はい。呼びました?
Mr. P:看護師さん、痛み止めをくれませんか?
ナース:もちろん。どこが痛みますか?
Mr. P:傷です。
ナース:それでは、少し前にパラセタモルは飲んでいるので、コデインを出しますね。
Mr. P:ありがとう、看護師さん。

ちなみに
うちの病院で使っているのは
写真の下のほうの小さいブザーで
大きいオレンジのナースマークのボタンが
ナースコール。
下の黄色い二つの小さなボタンは
ベッドヘッドライトの明かり調節ボタン。

写真の上の方の大きいブザーは
似たようなのを
フランスの市立病院で見ましたが
青とか緑のボタンは
TVの音量とかチャンネルだと思う。
その病院のは
カーテンの開閉ボタンもついていました。

ナースコール一つとっても
お国柄が出ますね。

[PR]
by mango55mango | 2018-07-30 03:48 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

Twitter始めました。




病院で使う英語を
ほぼ毎日一文ずつ
つぶやいています。

なんせ英語の成績2だったもんで
文法がめちゃくちゃな私ですが
まあ、病院では何とかなってるんで
その、何とかなる英語を伝授!
いろいろ間違いなどあると思いますが(特に定冠詞)
通じてますので
生きた通じる英語ってことで
ご容赦ください。


[PR]
by mango55mango | 2018-07-29 00:18 | ナースな英語 | Trackback | Comments(2)

英語脳を作るには

英語脳を作る
ってよく言いますよね。
要は頭の中で日本語に翻訳しないで
英語を使うってことだと思うのですが
あってるかな?

聞くだけでっ!
とか
英英辞典を使う
とか
和訳・英訳に頼らない
とか

巷にはいろんな文句があふれています。


でも、私に言わせれば


丸暗記に勝るものなし

です。

聞くだけで英語が喋れるはずがないのは
まあ普通に考えれば分かりますよね~。

でも、丸暗記できるまで聞くのであれば
それは立派な学習法だと思います。

でも、聞くだけで丸暗記
なかなかできないですよね。
私は無理。


そこで、前回言っていた
やりやすい方法です。

NHKの英会話のすごさは
とにかくそのダイアログが
練りに練って作られていること。
それぞれのレベルにあった
ボキャブラリーや言い回しのみを使って
いろんな状況における会話が展開されていることです。

そして、一回分の量が
覚えるのに最適な量だと思う。
だいたいが4回から8回くらいのやり取りで
その会話が終了します。

だいたいが半年から1年をワンクールとして
話題やストーリーが変わると思うのですが
もしそのクールの話題が
自分の興味があるものだったら
しめたもの!!!

そう、覚えやすい方法というは



まずは自分の興味のある分野を見つける



ということ。
そういう意味では
別にNHK英会話でなくてもいいのです。
このブログを訪れてくださる
将来海外で働きたいと思っているナースたちには
病院を舞台にしたテキストがあるのなら
それを丸暗記するのがベストともいえる。

でも、そんなテキストがあるかはわからないので
とりあえず、今やっている放送で言えば
私は旅行が大好きなので




なんか最適です。(2018年7月現在)

でも、そのクールによっては
全然興味のない話題の番組ばかり
ということもある。

そこでおすすめなのが
1年分をまとめた本。

私が使ったのは、かなーり古いんですが


こちらです。
1997年にやったラジオ英会話のストーリーがあまりに好評だったため
1年分をまとめてCDにしたものです。

主人公のダンスのオーディションがあったり
母親が日本人の設定なのですが
ロシア系頑固おやじと別居して
不倫に走りそうになったり
とにかく先の読めない展開にドキドキハラハラ。
放送当時は翌月が待ちきれない感じだったなあ。
(テキストで1か月分は先が読めるので)

私は子供のころダンサーを志した時期があって
さらにうちの父親も超頑固おやじだったので
もう、主人公に共感しまくりでした。

Amazonでは中古本が手に入るようですね。
私も実家を探せばまだ出てくるような気がする。
次に帰ったらぜひもう一度読んで、聞いてみたいな。

私はこの本とCDで
2年くらいかけて1冊分丸暗記しました。
今でも諳んじて言えるフレーズもあるくらい。
声優さんの感じもまだ耳に残っているくらい
聞きまくっていました。


ぜひ、自分の興味のある分野で
一定量のダイアログのあるテキストを見つけてみてください。
料理だったり、スポーツだったり、
もし入り込めるものを見つけられたら
英語脳に一歩近づいたも同じこと!

でも、残念ながら
丸暗記だけでは英語脳は出来上がらないとも思う。

わーーーー、
勝るものなしとまで言っておきながら
今更掌返すか?
とお怒りになるのもごもっとも。




さて、ここで紹介するのが・・・・



とTVショッピングでは商品が出てきそうですが

まあ、要は覚えたものをアウトプットして
初めて英語脳は出来上がるんではないかと思うのです。

ネイティブの知り合いと・・・・

というのは簡単ですが
日本にいたら
そうそうネイティブの知り合いなんて
いないですよね。
でも、今はいろいろあるじゃないですか。
オンライン英会話とか
英会話サークルとか。
見てみると結構お安い。
むかし英会話学校をはしごした身からすると
考えられない料金です。
なので、今どきはアウトプットには
困らないと思います。

なので、ぜひ、1冊、もしくは1か月分のテキストでもいいから
丸暗記してみてはいかがでしょうか?
それからオンラインなりの英会話をすると
かなり違いが出ると思うなあ。




[PR]
by mango55mango | 2018-07-21 08:07 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

NHK英会話の効果的な学習法

NHKにはラジオ英会話、基礎英語、テレビの英語番組など
たくさんありますね。
必要なのはその番組と
毎月出ているテキスト500円位。
まあ、できればそれに付随して
携帯に番組をダウンロードできればいうことはありません。

そして、私が試した一番効果的な学習方法とは・・・




丸暗記




です。
うーん、シンプルで申し訳ない。
でも、これが一番効果がありました。

はっきり言って
いろいろ付随している
先生の解説や
ボキャブラリーのなんちゃらとか
必要なし。(言い切りっ!)
必要なのは
その中で使われている
ダイアログ(会話)です。
それをとにかく丸暗記する。

①普通にテキストを見ながら聞く
②テキストを見ながら一緒に声に出してみる
③テキストの日本語訳だけを見て、英語で言ってみる
④音声だけを聞きながら声に出す、俗にいうシャドーイング
⑤何も見ないでダイアログを暗唱する

私は書いたりはしませんでしたが
書いたほうが覚えられる人は
③か④の後に
英語を聞いて書いてみる、俗にいうディクテーション
を入れてもよいかもしれません。

耳で覚えたほうが入りやすい人は
③と④を入れ替えてもいいかも。

私はテキストを見ながらお勉強してる感じの①から③を家でやって
④と⑤はどこにいてもとにかくやってみていました。
電車やバスの中、歩いてる時でも怪しい人になりながらやってた。
家事してる時とかも。
あと、お風呂の中が最高。
大声出してやってたね。

はっきり言って覚えるのは時間かかります。
1日それだけやってるわけにはいきませんから
毎日やっているラジオ英会話なんて
かなりおいて行かれます。

それでも
毎日違うダイアログを
なんとなく聞いて
分かったつもりになって
次のテキストに進むのでは
英語は全く上達しません。
てか、私はしませんでした。


はっきり言いますが


覚えていないものは口から出てこない


ですっっ!

日本語でも何か説明するとき
一回誰かに話したことだと
すらすら出てきますよね?
それと一緒。
頭に入っていないものはアウトプットもできません。
四の五の言ってないで


とにかく覚える!


これ大事。

2回言います。

とにかく覚えるんです!!

いろいろいろいろ試しましたけど
これが一番でしたね。

毎日ラジオ聞いてるだけでは
話せるようにならなかったです。

とにかく1冊をしつこいくらいやるんですが
覚えやすいやり方があるんです。
まだ次回に続きます。







[PR]
by mango55mango | 2018-07-20 08:00 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

日本で医療英語を学ぶ...!? Part2

日本でお金をかけずに英語を学ぶには?!

そう、これも、英語学習者が誰もは一度は手を出す

ラジオ英会話!!!

医療英語っていう題なのに
いきなり普通の英語学習法ですみません(汗)。

だって
英語学校からは見放されたし(?)
医療英語のコースは遠くにもないし
ほかに手立てがなかった
というのが正直なところ。

あと、IELTSも受け始めていたので
その勉強もしなくちゃだったし。

ほんとあのころ医療英会話のコースがあったら
どんなに遠くても通っていただろうに。
っていうか、いまはあるのかな?
もしくは今みたいに
オンライン英会話教室があったならどんなに良かったか!!!
って今更言っても仕方ないですね。

でも、ラジオ英会話、
普通の勉強法はしていませんから!
それを伝授いたします。
ん?でも、これってもしかして普通のやり方なのかしらん?
それはまた次回
題名を変えて書きます。
だって、医療英語の勉強じゃないもん!





[PR]
by mango55mango | 2018-07-19 21:06 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

日本で医療英語を学ぶ...!? Part1

日本で医療英語を学ぶのって
どうすればいいのか
迷いませんか?



半端に1年くらい留学した私の英語力は
日常の買い物くらいには
困らない程度。
外国人慣れしたネイティブとは
1対1なら話せるけれど
ネイティブ同士の会話には
ついていけず
委縮して何にも話せなくなっちゃうって感じ。

英語をある程度学んでいると
必ずぶち当たる壁に直面していました。

そこで私は
ほとんどの英語学習者が起こす行動を
とっていました。



英語学校のはしご(笑)。



イギリスで看護師になりたいと
漠然と考えていたので
まずは医療英語を学びたいと思いましたが
当時は一応東京の片隅に住んではいましたが
医療英語のコースなんて
多分存在すらしていなかったと思います。

そこでとりあえず
日常会話に磨きをかけることに。
近所のNov☆とかA☆onとかの門をたたきました。
ところがここで衝撃の事実を告げられます。
だいたいどこも最初に外国人の先生と
20分ほどマンツーマンで会話するという
レベルチェックをしてもらうのですが
半端に語学留学していたために
合うクラスがないといわれたのです。
というのも一応東京とは言えど
都心から最も遠いほうの隅っこ
(東京は西に長いのだ)
だったために
有名英会話スクールは数件あっても
規模が小さい。
だいたいが初級のクラスしか
ない場合がほとんどでした。

イギリスに8か月留学していた時の
最後のほうのクラスは
Lower Intermediate。
中級の下のほうのクラス。

自分のレベルより下のクラスにいっても
仕方ありません。

大抵は電車で40分ほどかかる
都心の学校に行くように
勧められましたが
医療英語のクラスならまだしも
普通の英会話のために
そこまでするのも
なんだかなあー
と感じました。

今ほどオンライン英会話スクールが
発達していませんでしたしね。

それにあまり日本でお金を貯める必要がありました。
渡英したとしても
すぐにアダプテーションコースに入れるわけでもなし
しばらくは収入なしで
さらにイギリスの長期滞在ヴィザのためには
語学学校にも通わなければならないし
この挑戦にはとにかくお金がかかる
と分かっていたからです。
なのであまり高いスクールにも行けなかった。

英語力だけでなく
英会話スクールの壁にもぶち当たりました。

そこで私がとった勉強法とは?
(Part2につづく)







[PR]
by mango55mango | 2018-07-11 21:36 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)

渡英前の英語のレベル

私の学生時代の英語の成績は
そりゃあひどいもんでした。

特に高校時代。
私立の女子高で
帰国子女もちらほらいるような学校だったので
英語の平均点は非常に高く
いつも赤点すれすれ
赤点も1回とったことがあるような・・・。
いつも5段階評価の2か3がせいぜいでした。

それが今はイギリスで普通に働いているなんてねえ。
人生わからないものです。

でも、英語のへのあこがれは
すごくあったと思います。
でも、苦手意識があったので
なかなか積極的になれなかった。

高校時代も
看護学校時代も
学校がオーガナイズした語学留学が
あったにもかかわらず
申し込みすらしなかったもんなあ。

そんなわけで
私の海外デビューは意外に遅く
22歳の時でした。

卒業後、付属の大学病院で1年働いた私は
とにかくその職場が嫌で嫌で
どうにかして辞めるすべはないものかと
知恵を絞った結果
アメリカ留学を思い立ち
辞める理由にしたのでした。
ま、2か月の予定でしたけど
半年とか1年行くとか嘘ついてね。
2か月だけじゃあ
無給休暇あげるとか
言われかねないと思って。

そして、父親の知人を頼って
サンフランシスコ郊外に
ホームステイして
1か月ほど英語学校に通いました。
これが、楽しすぎた☆

日本に帰ってお金を貯めて
26歳で今度はイギリスに8か月ほど
語学留学をしました。

この時にイギリスで看護師として
働ける可能性があることを発見して
そこから本格的に
英語学習の旅がスタートしました。
そう、27歳から。
遅いでしょう?

何歳からだって
やってやれないことはないってことです!

実際に渡英したのはそれから6年後でしたが
その時の英語のレベルは
IELTS(general)6.0でした。
といってもピンとこないかな?
当時のNMCの出していたレベルが
Generalの平均で6.5です。
今はAcademic7.0で
全てのmoduleで7.0を
下回ってはいけないとあります。

大学に留学するのに必要な点数が
Academic6.0程度
大学院が7.0程度なので
私の当時のレベルは
頑張ればなんとか大学に入れるって感じ?
日常会話はなんとかこなせるけれど
込み入った話(色んな手続きなど)や
大勢の中での会話は
まだちょっと無理な感じでしたね。

次は日本にいた6年間
どんな風に英語を勉強していたのかを
書きたいと思います。


[PR]
by mango55mango | 2018-07-01 21:35 | ナースな英語 | Trackback | Comments(2)

ナースな英語

OSCEに無事受かって
Supernumerary(先輩について働く、定員に含まれない)も終え
一人立ちを始めたジューンを見ていると
自分の働き出した頃を思い出します。

ナースとして体は動くけれど
英語がぜんぜんつたなくて
電話一本とるのにもビクビクしていたっけ。
ドクターたちは早口なので
指示を受けるのにもドキドキしてた。
なるべくナース以外のスタッフとは
関わらないように
避けまくってたなあ。
患者さんも英語の通じない人や
意識のない人だと
ホッとしたりして。

そこへいくとジューンは
フィリピン人で英語はほぼネイティブ。
自国で2年弱のナース経験もあるので
自信無さげながらも
サクサクとこなしているようす。
頼もしい!

というわけで
どんなに自分が英語で苦労したか思い出したので
これからイギリスの病院での
日常英会話をピックアップして
いこうかなと思い
新しくカテゴリーをつくります。
題して
「ナースな英語」!
どうでしょう?

どんな場面の会話が知りたいか
コメントしてくれたら
嬉しいです。




[PR]
by mango55mango | 2018-06-29 18:36 | ナースな英語 | Trackback | Comments(0)